木村文乃・広瀬アリス・菜々緒らお茶目な“秘書”ショットに反響「最高で素敵な7人」

木村文乃・広瀬アリス・菜々緒らお茶目な“秘書”ショットに反響「最高で素敵な7人」

 女優の木村文乃が10日、自身のインスタグラムを更新。同日最終回を迎えた主演ドラマ『七人の秘書』(テレビ朝日系)のオフショットを公開した。



【写真】おそろい姿でポーズを決める木村文乃・広瀬アリス・菜々緒ら“秘書”たち



 本作は、目立たぬことを極意とし、要人に仕える名もなき「秘書」たちと、その元締めとなる「影の男」が、副業の「人助け」で非情な権力者たちを一掃。理不尽だらけの日本社会を裏で操り、変えていく…というストーリー。木村、広瀬アリス、菜々緒、シム・ウンギョン、大島優子、室井滋、江口洋介が“影の仕事人”となり、人知れず悪をぶっ潰してきた。



 この日放送された最終回では、東都銀行常務秘書・望月千代(木村)らが仲間を危険な目に遭わせた財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)への復しゅうに燃えていた。そんな動きを封じるかのように、先手を打った粟田口の暗躍によって秘書たちが表の仕事を失う事態に…。秘書軍団の最大の敵である粟田口との“最終決戦”が描かれた。



 放送終了後の投稿で木村は「七人の秘書 ご視聴ありがとうございました。ほんとにありがとうございました」とメッセージを添えて、広瀬、菜々緒らヒロインたちの6ショットをアップ。おそろいのジャンパー姿でお茶目なポーズを見せており、仲の良さがにじみ出た1枚となっている。



 ドラマ公式ツイッターも同日、オフショットをアップ。ラーメン店「萬」店主を演じた江口を交えた“影の軍団”集合写真とともに、「きっと影の黒子たちは今日もどこかで悪を懲らしめているはず…またどこかでお会いできることを願って…最後まで、七人の闘いを見守っていただきありがとうございました」とコメントした。



 ファンからは「毎週毎週楽しみでした!またいつか七人の秘書に会える事を願ってます」「続編希望します 楽しみに待っていますね!!」「最高で素敵な7人」といった声や「終わっちゃうの寂しいです」「来週から、無いのさみしいです!」など“ロス”の声が相次いでいる。
カテゴリ