ディズニープラスにマーベルのオリジナシリーズ続々 映像解禁

ディズニープラスにマーベルのオリジナシリーズ続々 映像解禁

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で来年1月15日から配信開始となる、マーベル・スタジオ”初“のオリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』を皮切りに、今後配信予定の『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』、『ロキ』、さらにマーベル・スタジオによる初のアニメーションシリーズ『ホワット・イフ…?』(原題)の最新映像が解禁された。



【動画】『ロキ』『ホワット・イフ…?』最新映像



★『ワンダヴィジョン』

 2021年1月15日(金)、日米同時配信



 2021年、マーベル・スタジオ再始動の第1作目を飾る本作は、ワンダとヴィジョンの”その後“を描いたドラマ。引き続き、ワンダ・マキシモフをエリザベル・オルセン、ヴィジョンをポール・ベタニーが演じる。これまでの作品とは一線を画すシットコム(シチュエーション・コメディ)という”初ジャンル“に挑んだ作品…と思いきや、コメディ作品の幸福に満ちた雰囲気から徐々にホラー映画のような不穏な空気が漂い始め、マーベル・スタジオらしい衝撃的&壮大な展開が待ち受ける。



★『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』

 2021年3月19日(金)、日米同時配信



 マーベル・スタジオが描くドラマシリーズ第2弾。舞台は、2019年公開の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界。キャプテン・アメリカから盾を受け継いだファルコン(アンソニー・マッキー)だが、アベンジャーズを牽引してきたキャプテン・アメリカが成し遂げた功績を前に、彼の称号を自身が担うには重すぎるものだと考え始める…。しかし、タッグを組んだファルコンとウィンター・ソルジャー(セバスチャン・スタン)は、世界を揺るがす戦いに巻き込まれていく…。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16年)でアベンジャーズを分裂させた、バロン・ジモ(ダニエル・ブリュール)も再び登場。



★『ロキ』

 2021年5月、日米同時配信



 世界中から熱い注目が集まっているマーベル・スタジオのドラマシリーズ『ロキ』からは、邦題&公開時期が決定。『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、アイアンマンたちが訪れた過去の世界で四次元キューブを手に消え去ったロキ(トム・ヒドルストン)。見知らぬ地で目を覚ましたロキは、”時間の流れが違う“という謎の組織TVAの男に拘束され、新たな戦いに巻き込まれることに。



 公開された本編映像の中盤には、作業服を着て戦う姿やシックなスーツでお洒落にキメて飛行機に乗り込む姿など、ロキがさまざまなビジュアルに変貌。最後には、兄のソーと彼の故郷であるアスガルドの門番、ヘイムダルの名を呼び飛行機から豪快に飛び降りた瞬間、アスガルドと地球をつなぐ架け橋ビフレストに吸い込まれるシーンも…未だ全貌の見えない本作だが、四次元キューブを手にした後、彼に起こったこととは…? 『エンドゲーム』後を舞台にした、ロキの新たな冒険が始まる。



★『ホワット・イフ…?』(原題)

 2021年夏、配信



 マーベル・スタジオが贈る初のアニメーションシリーズ『ホワット・イフ…?』(原題)からは、特別映像が解禁。「もしもあの時、ヒーローたちが別の選択をしていたら...?」をテーマに、マーベル・シネマティック・ユニバースのさまざまな“もしもの物語”をアニメーション化。“ウォッチャー”と呼ばれる男をガイド役にヒーローたちの驚くべき“ありえたかもしれない”ストーリーへと導く。



 ソー役のクリス・ヘムズワースを始め、ホークアイ役のジェレミー・レナー、ロキ役のトム・ヒドルストン、ティ・チャラ役のチャドウィック・ボーズマンや、ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンなど、映画作品で役柄を演じた俳優たち自身が声優を務める。超豪華キャスト陣の参戦に、いまから目が離せない。

カテゴリ