佐藤ミケーラ&モトーラ世理奈が姉妹役 イリエナナコ監督「名前で選んでないです!」

佐藤ミケーラ&モトーラ世理奈が姉妹役 イリエナナコ監督「名前で選んでないです!」

 女優の佐藤ミケーラ、モトーラ世理奈、イリエナナコ監督が11日、都内で映画『愛しのダディー殺害計画』の公開初日舞台あいあつに参加した。



【写真】膝上丈のスカートで登場したモトーラ世理奈たち



 姉のマリ(佐藤)と妹のエマ(モトーラ)姉妹は14年前に母親が恋人と家を出て行ってから、優しい父親と3人で仲良く暮らしてきた。しかし、ある朝、父が「再婚したいと思っている」と言い出す。大事な父親がいなくなることが許せず、失うくらいなら自分たちの手で殺してしまおうと考えた姉妹は、幼なじみの照美を巻き込み、父親の殺害計画を立てるが…、という物語。



 ミケーラとモトーラという名前が似ている2人を起用した理由についてイリエ監督は「名前で選んでないです(笑)。結構、聞かれるので…。そういうチョイスではないです」ときっぱり。「2人、それぞれ別のところで知ってオファーさせていただいた。決まる直前、スタッフたちがそろって『佐藤ミケーラ、モトーラ世理奈は並べる運命にあるのかな』と話して、行こうとなった」と裏話も語っていた。



 念願かなっての起用。イリエ監督は「独特の世界感のある姉妹にしたいなと思った。生い立ち的にも、2人でいろんな話をコソコソしながら大きくなった設定。2人の世界が濃い目だといいなと思った。いいバランスだなって思った」と喜んでいた。



 互いにひとりっ子ながらミケーラは「妹だと思う」と話し、一方のモトーラは「姉だと思う」とキャスティングとは真逆のイメージを持っていたことを振り返る。モトーラは「妹がほしかった。(ミケーラが妹なら)楽しそう」と想像していた。ミケーラはモトーラについて「第一印象はかわいいのはもちろん、質問をした後に時差がある(笑)。それがかわいいなって思いました」と振り返る。感想を求められるとモトーラは少し間を開けて「なるほど」と納得。独特の空気感を広げ、会場には笑いが起きていた。
カテゴリ