ウエストランド、爆笑問題・太田光の“金言”胸に『M-1』決勝へ 田中裕二は錦鯉推し?

ウエストランド、爆笑問題・太田光の“金言”胸に『M-1』決勝へ 田中裕二は錦鯉推し?

 お笑いコンビ・ウエストランドが11日、東京・銀座の時事通信ホールで行われたお笑いライブ『タイタンライブ』12月公演に出演。今月2日に漫才日本一を決める『M-1グランプリ2020』ファイナリスト9組に選出された直後の『タイタンライブ』となったが、ツッコミの井口浩之は、事務所の大先輩である爆笑問題・太田光の言葉が決勝進出を後押ししたと感謝した。



【写真】会見での渡部建の顔まねを披露した爆笑問題の太田光



 この日、大トリである爆笑問題の漫才が終わった後に、4人でトーク。太田が「やっとだな」と感慨深げに語ったかと思えば、すぐさま「さっきまでずっと上沼(恵美子)さんの悪口を言っていたけど」とボケを連発。井口が「(漫才の)順番もその場で決まるので…、トップはちょっと嫌ですね」と不安を語る中、太田は「どうなるんだろうな。生放送だしな」と案じながらも、田中裕二とともに、この日の自分たちの漫才でせりふが飛んでしまったことを改めて振り返り、井口から「決勝前に、そんな話しないでください!」と改めてツッコミを入れられた。



 そんな中、井口が「『THE MANZAI』が賞レースだった時から、僕らは決勝に行けそうで行けないって言われていたんですけど、太田さんが年に1回、唯一お酒を飲むっていう新年会で、ある時に『ちょっと、喫煙所行くか』って言ってくれて、そこで『開き直れよ』と言ってくれた年があって。普段はそんなアドバイスとかもらわないので、その言葉の意味をいろいろ考えていたんですけど、そのうち忘れてしまっていて…。でも、今年コロナで舞台に立てないとか、いろいろあって、やけくそで『やってやれ!』っていう思いで、『M-1』の予選で漫才をやったんですよ。それで、太田さんが言っていたことはこういうことだったんだと気づきました」と感謝を伝えた。



 太田が「確かに、開き直れたらいいよな。緊張の極限まで達したら、開き直れるよね」と話す中、かつて爆笑問題が『GAHAHAキング 爆笑王決定戦』で10週勝ち抜いた経験をもつことから、田中からもアドバイスをもらう流れに。田中は「確かに10週勝ち抜いたんだけど、全然覚えてない。必死にネタやっていたから」と話すと、井口が「この前の(TBSラジオ)『爆笑問題の日曜サンデー』で、僕らが『M-1』決勝行くっていう話題になったときも、田中さんは『でも、錦鯉も行ったよね?』ってぶった切っていましたよね」と嘆くなど、和やか雰囲気となり、さながら決勝前の“壮行会”となった。



 12月公演にはそのほか、日本エレキテル連合、脳みそ夫、まんじゅう大帝国、ネコニスズ、キュウ、ダニエルズ、ゲストに友近、納言、ぜんじろう。おぎやはぎが登場した。
カテゴリ