それ、重すぎるかも…?男性が嫌がるアプローチ方法4つ

それ、重すぎるかも…?男性が嫌がるアプローチ方法4つ

モテる女性は受け身になりすぎず、自分からもいろいろなアプローチをしています。


しかし、アプローチの内容によっては逆に男性が引いてしまうこともあるみたい……。せっかく頑張ったのに逆効果になってしまうともったいないですよね。


そこで本記事では、男性が嫌がるアプローチ方法を4つ調査してみました。


男性意見を参考に、より効果的な方法を模索してみましょう。



男性からのリアクションを求める


「彼女が甘えてくれるのは嬉しいんですけど、『愛してるって言って?』と頼まれるのは苦手で……。

自分の気持ちが高まったときに伝えたいです」(20代/経理)


こちらの男性のように、愛情表現を求められることに違和感を感じる人は少なくないようです。


「愛されたいから」「孤独を埋めたいから」などの動機でアプローチすると、相手の繊細な感情を見逃しやすくなります。リアクションありきのやり取りはなるべく減らしましょう。


また、男女では楽しいと感じる話題の種類に違いがあります。共感を求めたくなるのは女性特有の心理なのだとか。


男性の反応がイマイチな時は、男性にとって関心のある話題を振りましょう。


「私って…」と自分語りをしすぎる


「僕は自分の目で見て感じた印象を大切にします。

なので、自分語りや噂話を聞いてもあまり気に留めません」(30代/営業)


ギャップや長所は男性が自発的に読み取ったときに「魅力」として映ります。


自分から「ドジっ子なんだ」「一途なの」とアピールしても、むしろ押し付けられている気分になるのだとか。


たとえば自分の趣味や価値観について共有するのはOK。恋愛するうえで価値観のすり合わせはとても大切なので、相手も恋愛相手を選ぶ参考になります。


そして、自分のことを話す際は同じくらい相手の情報も引き出し、耳を傾けましょう。


不機嫌な態度で気を引く


「急にLINEの返信が来なくなったり、一緒にいるのに明らかに不機嫌だと、どうしようもなくて参っちゃいます……」(20代/接客業)


急に冷たくしたり連絡頻度を減らすアプローチは、恋愛ではあまりプラスに働きません。


多くの男性は「なんなの?」「めんどくさい」と感じるようです。


また、駆け引きの一つとしてあえて冷たくするのも、男性からすると好印象とは言えないみたい。


容易に不機嫌な態度を取ると男性の心を傷つけてしまいます。関係の修復が難しくなるため、不満や問題がある場合は冷静に話し合いで解決しましょう。


話題を用意せず話しかけまくる


「急に電話が来たから出たら『いま暇~?』って言われて、拍子抜けしちゃいました。

忙しかったから温度差を感じて……」(30代/金融)


女性から積極的にデートに誘ったり話しかけてくれること自体は嬉しいもの。


しかし、「デートプランは男性任せ」「話しかけるけど大した内容ではなくてつまらない」となると話は別です。


女性のことが大好きな場合は、同じ空間に居られるだけで幸せを感じられます。ですが、まだ好きじゃない段階では対応に困ってしまうだけ。


誘った側や話しかけた側がある程度リードしないと、せっかくのアプローチが空回って終わるでしょう。


相手に寄り添ったアプローチをしよう


今回ご紹介したアプローチのほとんどは「自分の意志」を優先していることが原因と考えられます。


「愛されたい」「こう思われたい」「ムカつく」「かまってほしい」など、自分の気持ちを基準を中心にアクションを起こすと、男性とのすれ違いに発展しがち。


「いま、相手はどんな気持ちかな?」と一旦クールダウンを挟んで冷静に判断してみましょう。


そうすることで、自分も相手も満足できる的確なアプローチへと近づいていくかもしれませんよ。


(岡あい/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ