「ゆるさ」がポイント!長続きラブラブカップルのLINEの秘訣

「ゆるさ」がポイント!長続きラブラブカップルのLINEの秘訣

付き合ってからも大事にしたいのが、LINEでのやり取りです。


片思いのときのように、緊張することはないけれど、彼とのLINEが日常になると、「仲良くやっていくための心がけ」も必要に。


長続きしているラブラブカップルのLINEには、どんな秘訣があるのか、一緒に見ていきましょう。



さっぱり短文


「彼とのLINEは基本的に短文。毎日のようにLINEしてるし、込み入ったことは会って話せばいいかなって。生存確認&かまってほしい気持ちをちょっと満たすって感じです」(26歳・女性)


愛=長文ではありません。長続きラブラブカップルのLINEは、基本的に短文です。


テンポよく返せる短文LINEは、「無理なく続けることができる」「気軽で嬉しい」と、男女共に大好評!


読み手に優しく、返しやすい1~2行のLINEでも気持は伝わるものですよ。


スタンプだけもアリ


「彼女の使うスタンプを自分もマネして買ったり、逆パターンも結構あります。同じ種類のスタンプって、どういうニュアンスで使ってるかわかりやすいし、スタンプ一個だけの返信もできていいですよ」(27歳・男性)


「スタンプ一個の返事」なんて、脈ナシに見えがちですが、長続きカップルのLINEは、スタンプのみでも成立する傾向があります。


かわいいスタンプだけではなくちょっぴりシュールなスタンプも活用して、面白おかしくスタンプでの会話を楽しんでいるのです。


彼とお揃いのスタンプを購入するのも、仲良しの証拠のようでいいですよね。


自由に送る


「LINEはお互いに送りたいときに送っています。毎日絶対送るとか、おはよう・おやすみを絶対に言うなどのルールはないです。1日何通もLINEするときもあれば、丸一日しないときも。それでケンカになったことはないです」(26歳・男性)


「LINEは送りたいときに送る」という長続きカップルは、非常に多いです。


一見ドライな対応にみえますが、ストレスがたまらず、愛が深まる傾向があるようですね。


「毎日LINEするべき」など、義務感が出ると関係まで窮屈になる恐れがあるので、2人の関係を長続きさせたい場合は、ゆるく気楽に、という姿勢が大事です。


既読スルーも気にしない


「彼が『日記みたいなLINEも好き』というのでたまに送りますが、返事をくれないことも多い。でも、見たことが分かればいいかな、と気にしません。デートのときに『LINEくれたカフェに行こうか』と覚えていてくれることがわかるから」(27歳・女性)


既読スルーを気にしないというのも、長続きカップルの大きな特徴です。


既読スルーをされたことにこだわると、小さなケンカが増え、やがては修復できない段階まで発展する可能性すら出てきます。


デートのアポなど、返信が必要なこと以外はどーんと構えた方がお互いハッピーですよ。


「こうでなきゃダメ」をなくそう


長続きカップルは、LINEをあくまでもコミュニケーションツールの一環として認識しています。


そのため、LINEに振り回されることなく、気持ちをつなげていられるのです。


返信速度や回数、既読スルーなど、「こうでなきゃダメ」をなくし、二人が心地よくいられるといいですね。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ