全国の「無印良品」周辺で活躍する人たちへのインタビュー動画が公開中!

全国の「無印良品」周辺で活躍する人たちへのインタビュー動画が公開中!


無印良品40年を記念した企画「天下取っても二合半。」の特設WEBサイトが、12月11日(金)に開設!同サイトでは、全国の無印良品の周辺で活躍している人たちへのインタビュー動画を配信中だ。

無印良品40周年記念インタビュー企画


無印良品では、これまで、全国に展開する店舗を軸として、各地域を拠点に活躍する人々を招いたトークイベントや展示会、無印良品の専門販売員によるワークショップなどのイベントを実施してきた。

今回の40周年記念企画では、新型コロナウイルス感染症防止の観点から、店舗でのイベントではなくオンラインにて、メインタイトルを「天下取っても二合半。」としたインタビュー動画を公開。

「天下取っても二合半」とは、“人はいくら偉くなっても二合半以上のお米は食べきれないのだから、欲張るのはやめましょう”という意味のことわざで、無印良品の掲げる「『これがいい』ではなく『これでいい』」という理性的な満足感に近い性質があると考え、今回のメインタイトルとしている。

地域に根ざしてくらすゲストにインタビュー


同企画では、これまでに全国各地の無印良品で働く社員が出会った、地域に根ざしたくらしを営む人たちをゲストに迎え、ゲスト本人の今に至るまでの経緯や、多角的な視点を交えながら「無印良品との出会い、きっかけ、つながり」「無印良品10年後に期待すること」「無印良品は10年後もこうあってほしい、10年後にこうなってほしい」の共通テーマに沿ってインタビュー。

インタビュー動画は、『雑貨店OWL店主 ash Design & Craft Fair 実行委員』の馬場拓見さんによる「雑貨店店主からみた無印良品」や、『鴨川レモン研究会』の高橋稔さん・髙橋真里子さんによる「移住者目線で農と地域をつなぐ編集者」など10件が公開されている。

ゲストたちの目を通して浮かび上がる無印良品の『これでいい』の姿から、現代の簡潔で気持ちの良い生活について考えてみては。

新しい動画の追加も


また、公開中の動画以外にも、随時新しい動画を追加予定。最新情報は、無印良品の無料アプリ「MUJI passport」で配信する店舗からの「おたより」や、SNSにてチェックしよう。
カテゴリ