与田祐希“全裸撮影”を羨む?「開放的で楽しそう」

与田祐希“全裸撮影”を羨む?「開放的で楽しそう」

 俳優の竜星涼、犬飼貴丈、乃木坂46の与田祐希が15日、都内で行われた映画『ぐらんぶる』のDVD・ブルーレイ販売記念イベントに出席した。



【動画】あいさつで噛んでしまうキュートな与田祐希



 原作漫画は累計発行部数555万部を突破しており、2018年7月からはテレビアニメ化もされた人気作品。竜星が演じる主人公・北原伊織は大学進学を機に海辺の町に引っ越し、叔父が営むダイビングショップ「GRAND BLUE(グランブルー)」に下宿。きれいな海とかわいい幼なじみ・古手川千紗(与田)と憧れのキャンパスライフに期待していた。しかし、彼を待ち構えていたのは男ばかりで飲み会の嵐のダイビングサークルで、大学で出会った友人・今村耕平(犬飼)もサークルに加わり“裸”での日々を送ることになる。



 “史上最も服を着ていない主人公”を演じた竜星は、全裸での撮影について「いろんな苦労がありました。外気から身を守るものがないのは大変。撮影序盤に背中を毛虫に刺されちゃって、改めて服に守られてたんだなと思いました」と振り返り「皮膚科の先生に『全裸で芝生の上をコロコロしたので…』と。僕も何て説明していいやらで困りました」と苦笑いで明かした。



 同じく全裸撮影の多かった犬飼も苦労をにじませつつ「二人そろって裸でいることで安心感があったし、常時裸の付き合いだったので余計に仲良くなれたと思います」と笑顔を浮かべ「徐々に衣装があることに違和感がありましたね。真っ裸でいることがこの現場ではおなじみというか、役に染まった気持ちになりました」と充実感をのぞかせていた。



 まるで男子校のような雰囲気の撮影現場に「最初は大変そうだなと思っていた」という与田だが、夏を満喫する竜星らの姿を見て「開放的で楽しそうだなとも思いました」とポツリ。すかさず竜星が「本当に? じゃあ『ぐらんぶる2』で(全裸撮影に)挑戦してみる?」と振ると「ちょっと事務所の方と相談します…」と切り返して笑いを誘っていた。

カテゴリ