小雪、“無思考”の重要性を熱弁「偶然の感覚を現代人に感じてもらえたら」

小雪、“無思考”の重要性を熱弁「偶然の感覚を現代人に感じてもらえたら」

 女優の小雪(43)、タレントのアンミカ(48)が16日、都内で行われた家電メーカー『エレクトロラックス』の新製品の発表会にゲストとして参加した。



【写真】姉妹そろってスタイル抜群!弥生&小雪2ショット



 トークセッションではコロナ禍での自粛期間中の過ごし方の話題に。小雪は「断捨離しました。外出禁止を余儀なくされた人たちが、強制的に内面と家を見直すきっかけになったんじゃないか」と振り返ると「日本は物質思考の世の中なので、コロナをきっかけにいいメッセージじゃないかなと感じている。本当に必要なもの、好きなこと、いらないものがハッキリした。分からないふりしていたけど分かってきた」と変化を口にしていた。



 同社はスウェーデンのメーカー。小雪は「10年以上、北欧の暮らしから学びを得ている。初めて会う人たちと、他愛もない時間を過ごす尊さとか。それを暮らしの中に取り入れていけるかが念頭にある」と明かす。「日本って物質的な豊かさが先行する。北欧のお家にお邪魔すると『おじいちゃんからもらったイスで僕が革を張り替えて使っているんだ』とか、皆さんそれぞれ物に物語がある。それって財産。私もそういう物との付き合い方をしたいなと思っている。私も10何年以上使っている、ミルクやよだれや砂や泥やで汚れ経年劣化したレザーのソファーも、20年ぐらいしたら、子どもたちのお家に行くのかなとか、そういう時間を愛でる」とライフスタイルについて思いを語っていた。



 最後に小雪は「現代社会に生きていると五感や感覚が薄れていく。人間はある程度、自然に身を置く瞬間が必要だと思うんです。土や砂とか、コンクリートじゃないところに素足で立つとか、自分の体のエネルギーが自然にチャージできるような場所が何か1つあればいい。都会の人は忙しい。私が自然に住んで感じることは、ぼーっとする時間がすごく大事。考えてない時の選択って、無意識な正解だったりする。偶然の産物の感覚を、現代人はもうちょっと感じてもらえたら日々の生き方や質も変わる」と熱弁。アンミカも「ぼーっとする時間って大事だなぁ」と同調すると、小雪は「口も開けてね(笑)」と“助言”していた。



 新製品は空気清浄機の「Flow A4」「Well A7」の2機種。来年2月に発売される。
カテゴリ