伝説の“Tプロデューサー”こと土屋敏男氏に聞く『電波少年』復活と“天下を取る人”の条件

伝説の“Tプロデューサー”こと土屋敏男氏に聞く『電波少年』復活と“天下を取る人”の条件

 1990年代に一世を風靡した『電波少年』(日本テレビ系)が、来年1月からWOWOWで『電波少年W~あなたのテレビの記憶を集めた~い!~』として無料放送で復活することが発表された。『電波少年』といえば、ヒッチハイクの旅やアポなしロケなど過激な企画を実施し、有吉弘行ら多くのスターを輩出してきた伝説的バラエティ。放送終了から18年以上経過した今、なぜWOWOWで復活するのか、いったいどんな放送になるのか。Tプロデューサーこと、土屋敏男氏に話を聞いた。



【写真】恩人?天敵?『電波少年』土屋P登場に目を合わせない有吉弘行



■予測不能、予定調和のないコミュニティによって作られる『電波少年 W』



 アポなしロケ、ヒッチハイクの旅、懸賞生活など無名の若手芸人による奇抜な体当たり企画で人気を博した『電波少年』。その新作は、WOWOW側が土屋氏にオファーをしたところから始まった。WOWOWでプロデューサーを務める射場好昭氏はオファーの理由を語る。



「『電波少年』は空前絶後で屹立した存在。テレビの歴史を語る上で無視できないコンテンツだと思い、その語り部でもある土屋さんに声をかけさせていただきました」(射場氏)



「WOWOWさんから『うちで『電波少年』的な番組をやりませんか?』とお誘いを頂いた時は『いやぁ、またまた』と思いました(笑)。できる訳がないと思ったんです。ですがその後『WOWOWが目指す、次の時代の方向性はコミュニティです』と聞いた時に『それは面白い!』と脳内でいろんなものが結びつきました」(土屋氏)



 これまでも番組がコミュニティを作ることや、SNSのトレンドや「#」(ハッシュタグ)などを取り入れて番組作りすることもあった。だがWOWOWがやろうとしたのは「コミュニティで番組を作る」こと。番組サイトに独自のコニュニティを作り、ユーザーがそこにアカウントを作ってログイン。さまざまな意見交換などを行い、それを基に番組を制作していく。



「テレビというのはマスメディアの最たるものですから、基本的にはこちらが発信する一方向。例えば『半沢直樹』(TBS系)は高視聴率で3,000万人が観たということなので、テレビ1に対して3,000万。同時にYouTubeは元々発信側と受け取り側が1対1の関係。WOWOWさんがやろうとしているのは双方向であり、規模はその中間…ミディアムサイズで、そのサイズ感も初の試みで面白い。コミュニティでどういう意見が出るのかは、まったく予測不可能でどうなるか分からない。それが予定調和なく思いつきのアドリブでやってきた『電波少年』らしいと思い企画書を作成したのです」(土屋氏)



■かつてテレビがそうであったように“視聴者の欲望”が番組を作る



 土屋氏が提出したアイデアは「テレビの記憶」。日本のテレビの歴史は約70年。その歴史の中から視聴者が「確かあんなことがあった」「このシーンをもう一度観たい」などの意見をコミュニティで募る。その“集合知”の中から人気が高いものをWOWOWが各テレビ局にオファー。その映像を探り出し語り合うというもの。



「本来テレビは皆の欲望を吸収して返す存在でした。ですが今は仕組みの中でテレビが決まってしまっている…流れ作業のようになっているように感じていて、それをWOWOWで一度ロック解除してみようと。みんなの欲望で番組を作ったらどうなるのか。それこそ昔のテレビっぽく戻れるのではないか。そんな使命感があります。テレビって元々そういうものだったでしょ、と」(射場氏)



 ユーザーが観たいと思っていた番組やシーンが局にないかもしれない。もしくは借りることが困難な状況かもしれない。提供できないとすれば次に何をするか。困難に当たりながら紆余曲折し、壁を迂回しながらどんな形でもいいから進めていって、ギリギリのところで目的地を見出す。そのコンセプトはまさに『電波少年』そのものだ。



「例えば、『電波少年』の『懸賞生活』のなすびが最初に『服を脱いで』と言われるシーンが忘れられない、とか。日本テレビだと映像を借りることはできるかもしれないけど、他局の番組だと借りにくいかもしれない。そうしたら、テープをどうやって入手するかの“やり口”がカギになる。クラウドファンディングで応援してくれる仲間を募るのか、あるいは、テレビ局のテープ保管庫にこっそり忍び込むのか(笑)」(土屋氏)



「どこから登れるか、ぐるぐる回って上っていって、どこまでもいくってところは電波少年なのかなと思います。諦めずに、道を探していくという感じですね」(射場氏)



 『電波少年』=過激なものというイメージが先行しているだけに、今回もそこを期待する声は、放送前から多く寄せられている。



「番組は受け取る側のものだと思うので、そういうふうに受け取るのは別に構わないし、逆に『みんなそう思ってんだな、その期待に答えなきゃいけない』と思ったりはします。それも“双方向”だと思います」(土屋氏)



■“文脈”を読まず、機械的に判断する“愛”のない媒体は滅ぶ



 確かにSNSなどを見ると「テレビはつまらなくなった」「昔の方が面白かった」といったコメントがかなり多く散見される。「コンプライアンスが叫ばれすぎて、クレーマーが多くなったから思い切った番組作りができなくなったのではないか」との意見も多い。



「確かに、ネットで文句言われるとか昔は聞こえなかったものが、今は可視化されるし、炎上もする。テレビってある種、公共性があるから、『誰にも文句を言われないものを作りましょう』というありえないことを目指さないといけないじゃないですか。だから、そうなったとも考えられますね」(土屋氏)



 という一方で土屋氏は、「今はいろいろなプラットフォームがあるわけだから、それに即したところでやればいいのではないか」とも話す。



「昨今は松本人志さんの『ドキュメンタル』など地上波でやれないような番組は動画配信サービスで提供されています。あと例えばアメリカだと同じ番組をネットでも流し、テレビ版では放送禁止の「ピー」ばかりで放送。ネットでは完全版で配信したりしています。いかにでもやりようはある。選択肢が増えたって意味では制作側としては逆にいい時代だと思いますけどね。作りたいものがあったらそれに即した場所で作ればいい。だって、自分でも配信ができる時代。観る側も選択肢が増えて、むしろ双方が豊かになっているんじゃないですか」(土屋氏)



 だが昨今のコンプライアンス事情に危機感もある。



「昨今はYouTubeも規制が厳しくなってきた。単純に、言葉としてこれはいい、これはだめと機械的に判断されて“愛”がない。『ドキュメンタル』について松本さんは『あれは下ネタではない』と断言。笑いのアルティメットで突き詰めていったらああなったと。つまり下ネタも“文脈”として捉えるべきなのです。あまりにビジネス的にBANする方法だと、その媒体は滅ぶのではないでしょうか。そこには“愛“がないですから」(土屋氏)



■これからの時代“天下を取る”スターの条件とは?



 今ならコンプライアンス的にアウトな過激な企画をたくさんやってきた『電波少年』だが、同時にそれを乗り越え、数々のスターを輩出してきたのも事実。ヒッチハイク企画で有吉弘行を見いだしたのは、土屋氏に先見の明があったからか。



「いえ。なかったですね。猿岩石を起用したのは彼らが野宿経験があったと聞いたから、それだけ。当時は才能があるとは思えなかったし、ヒッチハイクが終わった後、別れたっきりです。ほぼ交流もありません(笑)。有吉はその後ブレークしましたが、トップを味わい、凋落を経験したからこそ、仕事が全くなかった“ゼロ”の時代に『内P』での起用がありがたかったのでしょう。そこで一つ一つ丁寧な仕事を続けていった。これが功を奏したんだと思います。有吉は、『ゼロの時に土屋さん何もしてくれなかった。だから土屋さんには恩はない』って言っています。確かにそうだろうなと思うけど、急下降を味わわせた俺がいたから、上がるありがたさが分かるもの。だから間接的には僕は有吉の恩人でいいやと(笑)」(土屋氏)



 そんな土屋氏は、有吉を“テレビで天下を取った最後の人”と言う。



「お笑いの歴史ってこれまでずっと、テレビと一緒に歩んでるんですよ。ウンナン(ウッチャンナンチャン)もダウンタウンも。欽ちゃん(萩本欽一)から始まって、ゴールデンに冠番組を何本も持ってというのがゴールで、天下を取るってことだと思ってきた。ところが、最近はそうじゃない人間が出始めてる。純粋にネットだけで出てきたフワちゃんや、ネットとテレビの両輪でやっている第七世代を見ると、有吉やマツコ(・デラックス)さんが、テレビしかなかった、テレビがエンタメだった時代の、最後に(天下を取った人に)近いんじゃないかなって気はしますけどね」



 では逆に、今後“天下を取る”可能性のある人はどんな人なのか。



「テレビでやってる限り、日本チャンピオンしかなれなかったんだけど、今、動画配信サービスという、世界ラウンドがあるから。そういう意味でいうと、世界チャンピオンが出る可能性もある。渡辺直美ちゃんとか、ゆりやんレトリィバァとか、世界に向けて活動している人はその可能性があると思います」



 「『電波少年』が出た時にベテランテレビマンから「こんなのテレビじゃない」と散々言われました。今回の『電波少年W』も今の時代で「こんなのテレビじゃない」と言われたら成功」とも土屋氏。果たして同番組がどんなハチャメチャを見せるのか。また有吉に続く、“天下を取る”スターを再び生み出すのか。期待したい。



取材・文/衣輪晋一
カテゴリ