長続きする恋がしたい!「相性の良い男性」を見極める5つのコツ

長続きする恋がしたい!「相性の良い男性」を見極める5つのコツ

恋愛が長続きするには「相性が大切」といわれますが、具体的に何を基準に判断すればいいか難しいですよね。


そこで本記事では、相性の良い男性を見極める5つのコツを紹介します。


いずれの項目も真剣に付き合えば付き合うほど重要になるものばかり。


交際相手を慎重に選びたい時の判断基準の一つとして活用してみてください。



同じ事柄で笑ったり共感できる?


笑いのツボや感動する基準が一緒だと、いつまでも新鮮な気持ちで付き合い続けることができます。


反対になかなか共感を得られないと「一緒にいても楽しくない」「なぜか心の距離を感じる」などの原因に……。無理に歩み寄って合わせても、好きなのに辛い状態が生まれてしまいます。


デートする過程で色々な経験を共有して、彼と気持ちの波長が合うかどうかチェックしてみましょう。共通点が多ければ多いほど、男女関係は円満に続きやすいそうですよ。


一緒にいる時に自然体でいられる?


素の自分が出せる恋愛は長続きします。好きな人には「よく思われたい」と感じるのが自然な感情。しかし、頑張りすぎると恋愛疲れしてしまうでしょう。


自然体で接して気が合う相手を見つけられると、プレッシャーなくストレスフリーの恋愛ができるようになります。


「オシャレをする」「メイクを頑張る」「相手の気持ちに寄り添う」などの努力は素敵なのでそのままでOK。本来の自分を偽るような振る舞いは減らすように意識してみましょう。


時間やお金の使い方は合う?


時間やお金の使い方は、簡単には変わらない価値観の一つです。ここが合わないと「一緒に住むのが辛い」「結婚は考えられない」などの問題に繋がりやすいため、早い段階でチェックしましょう。


時間の使い方の種類としては、一人で過ごす・家族と過ごす・友達と遊ぶ・趣味に没頭する・勉強する・運動する・仕事する・寝るなどが挙げられます。


人によってこの割合が異なり、理想的な時間の使い方ができると幸福感が高まるのです。


また、一度身に付いた金銭感覚は長く続くため、もし浪費癖がある場合は彼との未来を描けるか冷静に考えてみましょう。


素直に気持ちを言える?


我慢したり取り繕うとどこかで限界を迎えます。素直に気持ちを伝え合うことはとても大切。


何でも話せる関係性なら、問題が大きくなる前に何事も解決できるでしょう。


素直に伝えて機嫌が悪くなるなら、そもそも相性が良くないのかもしれません。お互いの気持ちに寄り添って、その都度二人の納得できる意見を見つけられる関係性がベストです。


また、相手を傷つけてでも気持ちを伝える人は危険かも。今現在は優しく接してくれていても、誰かに威圧的な態度を取る人は、いつか恋人や家族へ矛先が向く可能性があります。


お互いに尊敬できるポイントはある?


異性としてのドキドキや楽しさはいずれ落ち着きます。その先も仲良しでいるには、人として尊敬できるポイントを見つけることが重要です。


冷静な性格だから相談しやすい、明るい言動に影響されて前向きになれるなど、お互いに良い刺激を与え合えるような関係性が理想。また、お互いの欠点を補い合えると良いカップル・夫婦になるともいわれています。


この時、自分が一方的にリスペクトするだけでなく、相手からもリスペクトを向けられているかも大切。お互いが敬意を向け合うことで、対等な関係性が築けます。


様々な視点から相性を見極めて!


相性が良い男女は問題が起きても着実に解決していきます。


お互いに「理解しよう」「寄り添おう」と思っているからこそ、二人の力でより良い関係が構築されていくのです。


どちらかがそっぽを向いていたり、片方の気持ちが大きくなりすぎると、どこかで恋愛が辛くなってしまいます。


「好き」という気持ちを大切にしつつ、様々な視点から彼との相性を見極めてみましょう。


(岡あい/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ