長野の老舗うなぎ店が“蚕のサナギ”を餌にした「シルクうなぎ」を開発!

長野の老舗うなぎ店が“蚕のサナギ”を餌にした「シルクうなぎ」を開発!


長野県岡谷市に本店を置く創業66年の老舗うなぎ屋「観光荘」が、同社初となるオリジナル商品「シルクうなぎ」のうな重を、12月18日(金)から岡谷本店・松本店にて数量限定で発売。また、2021年1月29日(金)「寒の土用丑の日」から、店頭と公式オンラインストアにて、贈り物にも最適なパッケージ商品を販売する。

自社でうなぎを生産することに挑戦



諏訪湖から流れる天竜川沿いにて、簗(やな)と呼ばれる仕掛けで天然のうなぎをとっていたことから、「やなのうなぎ」として親しまれてきた「観光荘」。やな場が姿を消した現在では、全国から厳選して仕入れたうなぎを、半世紀に渡って継ぎ足し続けた自慢の熟成甘タレで仕上げている。


今回は、「より美味しさにこだわりたい」という思いで、はじめて生産から携わり開発に挑戦。今年2月に稚魚の状態からスタートし、餌やり・池上げ・加工まですべてに関わった。10月には5,676匹もの池上げに成功し、栄養価の高い“蚕のサナギ”を餌に養殖したオリジナル商品「シルクうなぎ」が誕生した。

岡谷の地域性を活かした商品開発


オリジナルうなぎを開発するにあたり、「創業の地である長野県岡谷市の地域性を活かしたい」という想いがあった同社。“シルクのまち”と呼ばれる岡谷のシルクを使えないかと考え、岡谷蚕糸博物館へ行ったところ、併設の製糸工場では蚕のさなぎが年間1.5tも廃棄になっていることを知ったという。


蚕のサナギは栄養価が高いことや、フードロス解消の観点からも、廃棄される予定のサナギをうなぎの餌に混ぜて使うことを思いついたのだそう。


社員の試食後アンケートでは、「厚みがあっておいしい」「くさみがなく、ふっくらしている」「脂がおいしく感じた」などの評価が並び、全員が「お客様におすすめできる」と回答。「シルクうなぎ」は、地域の企業の協力も得て、同社の全社員が自信を持ってすすめられる商品として完成した。

オリジナル商品「シルクうなぎ」のうな重



岡谷本店・松本店の各店舗で販売されるのは、「シルクうなぎのうな重」4,380円(税込)。1日約50食限定で、売り切れ次第終了となるので、興味のある人はお早めに。

通販にパッケージ商品も登場


「寒の土用丑の日」は、うなぎが秋から冬に産卵や冬眠に備えて脂の乗りが良くなり、最も美味しくなることから、“うなぎのまち岡谷の会”が1月最終の丑の日に設定したもの。


「寒の土用丑の日」から発売となるパッケージ商品は、「シルクうなぎ大」約130g/3,180円と「シルクうなぎ特大」約160g/3,980円(どちらも税込)。シルクをイメージした高級感あるパッケージで、持ち帰りはもちろん、お土産や大切な人への贈り物にもおすすめだ。なお、画像はイメージで、パッケージは現在制作中。

「シルクうなぎブランドサイト」も1月下旬にオープンするので、詳細はこちらでチェックしてみて。

■「観光荘 岡谷本店」
住所:長野県岡谷市川岸東5-18-14

■「観光荘 松本店」
住所:長野県松本市渚2-2-5
カテゴリ