ポッドキャストアワード今年も開催 ニッポン放送・石井玄氏、市川紗椰、テレ東・佐久間Pらが選考委員

ポッドキャストアワード今年も開催 ニッポン放送・石井玄氏、市川紗椰、テレ東・佐久間Pらが選考委員

 昨年の秋に立ち上がった優良なPodcastコンテンツを発掘し応援する日本初の大規模アワード『JAPAN PODCAST AWARDS』が今年も開催。「今、絶対に聴くべきPodcast」「もっと世の中に知られるべきPodcast」を、日本の音声コンテンツプラットフォーマー各社協力のもと発掘し、新しいPodcastの可能性を見つけられるビビットな感性を持つ選考委員が選考していく。



【個別ショット】石井玄氏、市川紗椰、佐久間宣行氏らが選考委員を担当



 今年度から、より多くのPodcastを見つけるべく、各部門賞とリスナー投票部門である「リスナーズ・チョイス」を新設し、大賞を含め全6部門に拡大。自薦エントリーと、リスナー投票の受付を特設フォームから実施する。1月にノミネート作品の発表を経て、2021年3月上旬に行われる授賞式にて、各賞の受賞作品を発表していく。



 選考対象となる音声コンテンツは「オリジナル(別媒体からの2次配信や、ラジオでオンエアされた音声の切り出し配信などは不可。PodcastやWEB配信が一次配信である音声コンテンツであることが条件)の音声コンテンツであること」「2020年の間に1回でも世に配信されていること」「日本語圏に向けた音声コンテンツであること」の3つから、多様で優良な音声コンテンツを幅広く募集。



 一次選考を通過したノミネート作品を、8人の選考委員が最終審査。選考委員は、ニッポン放送エンターテインメント開発部プロデューサー・石井玄氏、予防医学研究者の石川善樹氏、モデルの市川紗椰、テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行氏、DJの秀島史香、ジャーナリストの古田大輔氏、女優の美村里江、タレントの和田彩花が務める。
カテゴリ