青森県平川市の極上肉や希少りんごをオンラインで競り落とす新体験イベント

青森県平川市の極上肉や希少りんごをオンラインで競り落とす新体験イベント


青森県の平川市観光協会は、同市をリモートで観光体験ができるキャンペーンサイト「#みてみて平川」にて、地元で生産された極上の牛肉などのグルメを“競り”で購入できる「オンラインSERIまつり」を、12月20日(日)に開催する。

生産者からオンラインで競り落とす


秋田県との県境に位置し、りんごや米づくりなど農業が盛んな青森県平川市。夏には「世界一の扇ねぷた」で有名な平川ねぷたが開催される。


「#みてみて平川」では、定期的に同地域の生産者と東京スタジオをオンラインで結び、こだわりの商品や体験を紹介・販売している。

今回は「オンラインSERIまつり」と題して、参加者が希望の商品を出店者から競り落とすという、同サイト初の競りイベントを開催。普段はあまり市場に出回らない希少な商品も出品される。

平川名産のグルメ3品が出品



「肉の豚金 葛西精肉店」が出品する『全国和牛能力共進会A5ランク最上級BMS No.12受賞ひらかわ牛サーロイン(400g)』は、全国和牛能力共進で最上位の評価を受けた“ひらかわ牛”のサーロイン。

市内でも1軒の牧場でしか生産されておらず、柔らかい赤身にほどよく入った脂は霜降りで甘みがあり、とろけるような美味しさだ。都内で購入すれば100gで5,000円以上はするひらかわ牛が、購入しやすい価格からスタートする。


『超希少りんご「美丘」 贈答用約10kg(約24個入り)』は、入手困難な極上りんご。

100年の歴史を持つ「今井農園」で育てられた希少な品種のりんご「美丘」は、りんごの概念が覆るほどの果汁があふれ出てくるのが特徴。果汁の甘さ、パリッとした食感、さわやかなほどよい酸味が楽しめる。選りすぐりのりんごをセレクトした、年末年始の贈答にも喜ばれる商品だ。


『青森県認証特別栽培米「あきたこまち5kg」&平川サガリ炭火焼真空パック100g×4』は、青森の米どころ・平川の安心安全なお米と、タレ漬け肉の最強コンビ。

こだわりの米を栽培している「岩渕農園」の青森県認証特別栽培米「あきたこまち」は、粘りが強く、噛むほどに米の甘さが感じられる。セットのタレ漬け肉は、平川のB級グルメでソウルフードとも言える「平川サガリ」。サガリは牛の横隔膜の肉で、平川ではにんにくが効いた濃厚なタレなどに漬けて販売されている。

今回は地元の人気店「水木精肉店」のサガリを炭火焼きにしたものを真空パックにした初の商品。炭火の香りとともに、病みつきになるウマさを楽しめる。

名産品を通して平川を知り「いずれは平川を訪れてみたい」と思うきっかけになりそう。募集定員は300名。参加無料なので気軽に参加してみよう。参加方法などの詳細は「#みてみて平川」にて確認を。
カテゴリ