大西流星主演『夢中さ、きみに。』追加キャストに望月歩&伊藤万理華

大西流星主演『夢中さ、きみに。』追加キャストに望月歩&伊藤万理華

 関西ジャニーズJr.の人気グループ・なにわ男子の大西流星が主演し、来年1月7日からテレビ神奈川、MBSほかで放送されるドラマ特区『夢中さ、きみに。』(監督:塚原あゆ子)の追加キャストとして望月歩、伊藤万理華の出演が決定した。



【写真】“逆・高校デビュー”果たす男子高校生を演じる高橋文哉



 作家・和山やま氏の原作をもとにした同ドラマは、ユニーク過ぎる男子高校生・林美良(大西)と二階堂明(高橋文哉)を中心に展開する、高校生たちの少し不思議な、なんでもない日常を淡々と丁寧に描く異色の青春群像劇。物語4編をあわせた全8編構成で描く。主題歌・ポスタービジュアルなどの続報も後日、発表される。



 望月が演じるのは“林編”に登場する山田章太郎(やまだ・しょうたろう)。章太郎は、林が通う中高一貫の男子校の高校1年生。先輩であるマサヒロさんにパシリにされており、毎日お昼休みになるとダッシュでマサヒロさんの昼飯を買いに行くという役どころ。直接的には接点のない山田と林。毎日パシられている山田を見て林は思いも寄らない行動をとる。



 伊藤が演じるのは“二階堂編”に登場する二階堂のクラスメイト・篤子。原作では描かれていないドラマオリジナルキャラクターで、クラスの女子の中でもムードメーカー的存在という役どころに挑戦する。



 原作を読んだ望月は「深い感動を与えるわけでもないのにどこかほっこりして、そのエモさがすごく好きでした。そんな作品に携われて幸せです。観てくださるみなさんもこの世界に“夢中”になってくれたらうれしいです」とタイトルにかけてコメント。



 和山氏の作品に親しんでいたという伊藤は「このドラマに参加できてとてもうれしいです!学生時代、ああいう子いたな…と懐かしくなってひとりで笑いながら読んでいました。ドラマをご視聴いただいた方にとってもそんなふうに楽しめるものになると良いなと思います。クラスの一員としても、二階堂の動向を観察しながら撮影を楽しみたいです」と意気込みを語っている。
カテゴリ