言った瞬間、即刻「恋愛対象外」?男性に言ってはいけないNGワード

言った瞬間、即刻「恋愛対象外」?男性に言ってはいけないNGワード

男友達や同僚、気になる彼など……仲良くなるとつい余計な一言を口走ってしまう女性はいませんか?


彼は大人だから笑って流しているかもしれませんが、内心はイラっとしているかもしれませんよ。


そこで今回は、恋愛対象外にもなり得る「男性とどんなに仲良しでも、言ってはいけない“NGワード”」についてご紹介します。



「ちゃんと将来のこと考えたほうがいいんじゃない?」


「俺が就職や進学で悩んでいたときに、女友達が『みんなもうとっくに就活はじめてるよ?』『ちゃんと将来のこと考えたほうがいいんじゃない?』と言ってきて複雑な気持ちになった。


“随分とエラそうだな……”と思ってしまい、そのままLINEも返さなくなりました」(25歳/営業)


相手が何を考えているかはわかりません。彼なりにビジョンがあるのかもしれないし、複雑な事情だって考えられます。


悩んでいる最中に、上から目線のお説教は不快な気分になるだけ。「何かあったらいつでも話聞くから」程度で留めるのが優しさでしょう。


「その格好、似合ってないからやめたほうがいいよ」


「俺の服装にイチイチ口を出してくる子がいて。『その格好、似合ってないからやめたほうがいいよ』と言われてムカついたことがある。


別に誰にも迷惑かけてないし、放っておいてくれって思いましたね」(27歳/通信)


彼女だったら服装のアドバイスもアリでしょうが、女友達が口を出すのはビミョー。


「一体何様のつもりなんだろう……」と思われるのがオチです。


どうしても“彼の服が変だな”と思うのであれば、全否定するのではなく「こういう格好も似合いそう!」と言いかたを変えるのがいいでしょう。


「元カノ、かわいくなかったよね」


「いまだに『元カノ、本当ブスだったよね!』と俺の元カノの悪口を言ってくる女友達がいる。

別に終わったことなんだけれど、さすがにモヤモヤしますね」(29歳/食品)


元カノを牽制する意味で悪口を言う女性もいるかもしれません。


でも一度は好きだった相手だからこそ、彼だってていい気分にはなりませんよね。


最初は笑っていた彼も、だんだん「どうしてそこまで言われなきゃいけないんだろう」と疑問が生じてくるでしょう。


ふたりだけにしか知らない世界があるので、余計なことは言わないほうがいいですよ。


少し言いかたを変えてみて


女性側が自分の意見を押し付けてしまうと、関係に溝が生じる原因に……。


思ったことをズバズバ口にするのではなく、少し言いかたを変えるだけでマイルドになります。


感情を一度頭の中で変換することが、NGワードを避ける方法かもしれませんね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ