ステイホームをあたたかくする“木の実”由来ブランド「KAPOK KNOT」の新ライン

ステイホームをあたたかくする“木の実”由来ブランド「KAPOK KNOT」の新ライン


心も身体もあたためる、木の実由来のファッションブランド「KAPOK KNOT(カポックノット)」が、コロナ禍で高まるステイホーム需要に応えるホームシリーズを発売。

天然素材「カポック」を使ったものづくり



「KAPOK KNOT」は、木に実るダウンとも言われる天然素材「カポック」を使ったものづくりを行うファッションブランド。アニマルフリーな新素材を使ったサードウェーブダウンを提案している。

新ライン「ホームシリーズ」


同ブランドでは、新ライン「ホームシリーズ」を12月2日(水)から販売開始。コロナ禍で広まったステイホーム生活に最適な新ラインで、この冬の生活にぬくもりをプラスするラインアップとなっている。




第一弾「カポックダウン羽織りジャケット」は、12月2日(水)より販売中。カラーは<ブラック><グリーン><グレー>の3色展開。


続く第二弾として、「カポックダウンブランケット」を12月19日(土)より販売開始予定だ。

クリエイティブディレクションは清水文太氏


「KAPOK KNOT」のクリエイティブディレクションを務めるのは清水文太氏。


清水氏はスタイリストとして、19歳から「水曜日のカンパネラ」のツアー衣装や、テレビ・企業広告のスタイリング、Benettonをはじめとしたブランドのアートディレクションを手掛け、コラムニストとして雑誌「装苑」の連載などにも寄稿。

またDJ・ライブ出演など、アーティスト・スタイリスト・アートディレクターとして、多岐にわたる活躍を見せている。

渋谷でPOP UP販売も実施


これまで「KAPOK KNOT」の商品はECサイトのみでの展開だったが、12月17日(木)〜31日(木)の期間限定で、「TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエア」にてPOP UPで販売中。カポックの暖かさや軽さを体感できる機会となっている。

未だステイホームが望まれる今日、「KAPOK KNOT」の「ホームシリーズ」でおうち時間をあたたかく過ごしてみては。

■「TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエア」
住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12 11F

※写真はイメージ
カテゴリ