デートで「次も会いたい」と思わせるコツ4選

デートで「次も会いたい」と思わせるコツ4選

好きな人とデートできるのはとても嬉しいこと。


しかし、「次のデートの誘いが来ない……」となるととても残念な気持ちになりますよね。


そこで本記事では、デートで「次も会いたい」と思わせるコツをご紹介していきます。


とくに、初デートでは彼の関心を引くことが何より重要です。ぜひ活用してデートに誘ってもらえる確率を上げましょう。



男性の話を最後まで興味深そうに聞く


「楽しそうに話を聞いてくれる女性だと安心します。

一方的に話してくれるのも悪くはないけど、打ち解けた気はしないかな」(20代/医療)


デート中に男性の話を遮ったり話題を変えるのはNG。


彼の気持ちが満足するまでじっくりとリアクションしながら聞きましょう。


また、男性の話を聞く際は興味深そうに「そうなんだ!」「え、それでどうなったの?」「すごいね!」とリアクションを取ることも大切です。


聞き手の反応が良いと、男性は心おきなく自分のことを話せます。


共通の趣味や好きなものを見つける


「お互いにラーメンが好きって分かって、気づいたらラーメン屋巡りをする約束をしていました。好みが合うっていいですね」(30代/経理)


共通点が見つかると「もっと話していたい」と感じるもの。また、デート後のLINEが盛り上がったり、次のデートにも繋がりやすくなります。


初対面の時期にはなるべく共通点を見つけて、話題を膨らませることがポイントです。


適度に質問・雑談をしながら、自分が興味のある話題になったら「私も◯◯なんです」と伝えてみましょう。


お互いに興味のある話題が見つけられた男女は、成就の可能性もグンと高まります。


なるべく聞き手に回る


「僕の彼女は聞き上手で、気づいたらたくさん話してしまうんです。相槌やリアクションが絶妙で尊敬します」(20代/自営業)


自分の話をすることが悪いわけではありませんが、全部を見せると男性の探求心を満たしすぎます。


「もっと知りたい」と思わせるためにも、ほどほどに聞き手に回った方が得なのです。まずは彼の「話したい欲」を満たすことを重視しましょう。


とはいえ、自分のことを一切明かさずに質問を重ねるのも良くないようです。自分の話をする際は「彼の関心が向いている話題」をセレクトしましょう。


そうすることで、男性は一方的に話を聞いている感覚が薄れます。


プラスな気持ちを伝えて脈ありを匂わせる


「会うたびに喜んでくれて、デート帰りには寂しがるから、すぐに両想いだって分かりました。愛されている感じがして嬉しいです」(20代/販売)


女性が楽しんでいる様子が伝わると、次のデートにも誘いやすくなります。


その場で「会えて嬉しい」「楽しかった」と伝えるのはもちろん、お別れした後にも具体的にLINEで伝えましょう。


付き合う前に女性から追いすぎると、男性を安心させてしまうリスクがあるため、脈ありを匂わせつつも距離感を保つことが大切。


彼がいつでも告白しやすいような雰囲気を出して、付き合うハードルを下げてあげましょう。


デート中の反応が良いと「告白しよう」と決心がつきやすくなるそうですよ。


男性が次も誘いたくなるアプローチをしよう


最初のデートでは、共通点を軸に話題を広げることが重要です。


このとき、「彼の関心が向いている話題」をセレクトすることで、自然と聞き手に回りつつ自分の話もできます。


また、ある程度仲が深まってきたら、適度に脈ありを匂わせるステップへと移行しましょう。


「◯◯君といると楽しい」「また一緒に出掛けようね」などの言葉を伝えれば、分かりやすく彼に好意が伝わります。


さらにメイクやファッションで可愛く見せたり、モテ仕草をさりげなく入れれば、恋愛対象として意識されやすくなるでしょう。


ぜひ一つずつステップを踏んで、彼の心を惹きつけてくださいね。


(岡あい/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ