『仮面ライダーセイバー』剣士列伝 最後は仮面ライダーブレイズ 賢人から倫太郎へラストメッセージ

『仮面ライダーセイバー』剣士列伝 最後は仮面ライダーブレイズ 賢人から倫太郎へラストメッセージ

 テレビ朝日系で放送中のスーパー戦隊シリーズ『仮面ライダーセイバー』(毎週日曜 前9:00)とリンクしながら、「ソードオブロゴス」の剣士5人――ブレイズ・エスパーダ・バスター・剣斬・スラッシュ――の心の奥に迫る作品『仮面ライダーセイバースピンオフ 剣士列伝』(全4話、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で独占配信)。20日より第4話「an episode of 仮面ライダーブレイズ」の配信がスタートした。



【写真】福引きでカメラを当てて大喜びする倫太郎



 テレビ本編の第15章・第16章を補完する「Chapter 15.5」に位置づけられるエピソード。仮面ライダーブレイズ/新堂倫太郎(山口貴也)が商店街の福引で手に入れたインスタントカメラ。「家族写真を撮るのが僕の夢だったんです!」と子供のように喜ぶ倫太郎にとっての家族とは、ソードオブロゴスのこと。ズオスに倒され失った親代わりの“先代水の剣士”、そしてカリバーに倒され“闇に消えた賢人”。大切な家族を失い、うつむく倫太郎を必死に励ます芽依(川津明日香)。



 そして、カメラが残していた「賢人からのラストメッセージ」。「前を向け! 倫太郎!」。インスタントカメラが本当に写したものは倫太郎の心の内面だったのかもしれない。つい拳を握って応援したくなる、誰よりもまっすぐな青年のエピソードとなっている。



 なお、第1話「an episode of 仮面ライダースラッシュ&バスター」、第2話「an episode of 仮面ライダー剣斬」、第3話「an episode of 仮面ライダーエスパーダ」は配信中。
カテゴリ