『M-1』王者・マヂカルラブリー野田クリスタル、お笑い王を目指す「史上初の3冠取ります」 上沼恵美子に感謝も

『M-1』王者・マヂカルラブリー野田クリスタル、お笑い王を目指す「史上初の3冠取ります」 上沼恵美子に感謝も

 漫才日本一を決める『M-1グランプリ2020』(ABC・テレビ朝日系)が20日に生放送され、野田クリスタル(34)と村上(36)による、お笑いコンビ・マヂカルラブリーが優勝し、16代目王者に決定。3年ぶりとなる『M-1』決勝の舞台で、史上最多となる5081組の頂点に立ち、賞金1000万円を獲得した。優勝後の会見では、野田がトロフィーを掲げて優勝の名乗りを上げた。



【写真】マヂカルラブリー、オズワルド、ニューヨークらが登場した白熱の準決勝の模様



 村上が「まだ本当に何も飲み込めてなくて、喜びとかよりもどうしちゃったんだろうっていうのが大きい。じわじわくると思うんですが」と語る中、野田は「いろんな漫才があったなと。おいでやすこがさんが優勝してもとんでもないことになっていたと思うし。僕らでよかったのかというのはありましたが、チャンピオンとして自覚を持って。オレはチャンピオンです。文句言わせません。あれは漫才です」と堂々と宣言。



 3年前の『M-1』決勝で、審査員を務めた上沼恵美子からネタを酷評されたことでも話題に。今回は、見事に上沼からも「待って、3年前? 何にも覚えてない(笑)。アホやろー(笑)。バカバカしいやろ。でも、そのバカバカしいを突き抜けるのは芸術や。いやーよかった。本当によかったと思う」と賛辞をもらい、見事にリベンジを果たした。優勝後の会見では、野田が「きょう、上沼さんに怒られた組がいなかったんですよね。本当にやめちゃうつもりなのかなと不安になって。僕らは最下位になって優勝できて、絶対に必要な存在だと思うので、やめないでほしいです」と訴えた。



 それでも、最終投票で上沼からの票がなかった点について向けられると、野田が「しれっと、おいでやすこがさんに入れていましたよね(笑)。2017年でも松本(人志)さんの点数も低くて、今年すごく笑ってくれているような感じがあってうれしかったんですけど、最終的には入れてもらえなかったので、心残りではありますね。これが終わりじゃないんで。いろんな大会がありますから。僕、お笑い王になりたいんで。史上初の3冠取ります。キングオブコントは、制限ないので、3冠オレが取るんだ!」と意気込んだ。



 野田は“ひとり芸”No.1決定戦『R-1ぐらんぷり2020』の王者にも輝き、これで2冠。『R-1』では、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、一般客の来場を取りやめて史上初の“無観客”大会という通常とは異なる空気の中での優勝となったが、今回の『M-1』について「『R-1』を経験していたのは強かったかもしれないですね。おいでやす小田さんも同じ環境でやっていたので、もしかしたら残っていたのかもしれないですね。お客さん少ないほうがやれるということかもしれないです」とにっこり。



 今年からの奮闘ぶりについて、野田は「『R-1』は火種になったかもしれないですけど。このままじゃまずいぞと思った。今年から死ぬ気でやり始めましたね。今まではどこかお客さんを笑わせなくても自分たちが面白いんだって言うネタが多かったんですけど、ウケたら絶対に票を入れてくれると信じていたので」としみじみ。村上も「野田が『R-1』を取ってからすべてがはじまったと思っています。ピンネタの単独ライブとかやっていましたので。ここはちょっとオレが頑張らなきゃということで…」と言葉に力を込めた。



 同大会は「日本一の漫才師を決める大会」として2001年にスタート。2010年の第10回開催で一旦終了し、2015年に5年ぶりに復活した。今回のファイナリストは、アキナ、マヂカルラブリー、見取り図、錦鯉、ニューヨーク、おいでやすこが、オズワルド、東京ホテイソン、ウエストランド、敗者復活を勝ち上がったインディアンスの10組。



 決勝の司会は、今田耕司(14回目)と上戸彩(9回目)、審査員は松本人志(14回目)、オール巨人(8回目)、上沼恵美子(8回目)、中川家・礼二(6回目)、富澤たけし(4回目)、立川志らく(3回目)、塙宣之(3回目)の7人(※回数順、同数の場合は50音順)。3年連続で同じ審査員が顔をそろえるのは、M-1史上初となった。



 ファーストラウンドでは、おいでやすこがが658点を獲得してトップ通過。続いて、マヂカルラブリーが649点、見取り図が648点を獲得し、3組がファイナルラウンドに進出した。ファイナルラウンドでは、マヂカルラブリーが3票、おいでやすこがと見取り図が2表となり、マヂカルラブリーに軍配が上がった。



■M-1グランプリ 優勝者一覧【参加組数】

2001年度 中川家【1603】

2002年度 ますだおかだ【1756】

2003年度 フットボールアワー【1906】

2004年度 アンタッチャブル【2617】

2005年度 ブラックマヨネーズ【3378】

2006年度 チュートリアル【3922】

2007年度 サンドウィッチマン【4239】

2008年度 NON STYLE【4489】

2009年度 パンクブーブー【4629】

2010年度 笑い飯【4835】

2015年度 トレンディエンジェル【3472】

2016年度 銀シャリ【3503】

2017年度 とろサーモン【4094】

2018年度 霜降り明星【4640】

2019年度 ミルクボーイ【5040】

2020年度 マヂカルラブリー【5081】
カテゴリ