2021年、新スーパー戦隊は『機界戦隊ゼンカイジャー』 人間1人にロボ4人組の斬新なヒーローに

2021年、新スーパー戦隊は『機界戦隊ゼンカイジャー』 人間1人にロボ4人組の斬新なヒーローに

 テレビ朝日系で1975年から続くスーパー戦隊シリーズ45作目となる新シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』(来年3月7日スタート、毎週日曜 前9:30)が発表された。1人の“人間”ヒーローと4人の“ロボ”ヒーローが主役というこれまでにない斬新さと“これぞスーパー戦隊”という世界観をあわせもつ作品となる。



【画像】人間1人にロボット4人という異色組み合わせの『ゼンカイジャー』



 『機界戦隊ゼンカイジャー』は、この世にたくさん存在する“並行世界”をすべて消し去ってしまおうとする敵に“全力全開”で立ち向かっていくヒーローたちの活躍を描く物語。とてつもなく巨大な魔の手が、主人公が住む世界にも忍び寄ってきたその時、正義の心をもって立ち上がるのが1人のヒーロー・ゼンカイザー。そして彼とともに戦う4人の仲間は、なんと“機械生命体”、いわゆるロボットとなる。そう、本作は1人の“人間”ヒーローと4人の“ロボ”ヒーローが主役というこれまでにない斬新なスーパー戦隊となっている。



 しかも、この5人のビジュアルは歴代スーパー戦隊がモチーフになっているなど、ファンにはたまらない魅力がたっぷり詰まった作品に。最初にこの世界を悪から守るため立ち上がるゼンカイザーは、『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975~1977年)のアカレンジャーをモチーフにしたヒーロー。そして彼とともに敵に立ち向かうことになる4人のロボヒーローにもベースとなる歴代スーパー戦隊が存在。ゼンカイジュランは『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(1992~1993年)に登場した大獣神がベース。ゼンカイガオーンは『百獣戦隊ガオレンジャー』(2001~2002年)の精霊の王・ガオキング、ゼンカイマジーヌは『魔法戦隊マジレンジャー』(2005~2006年)の魔神の王・マジキング、そしてゼンカイブルーンは『轟轟戦隊ボウケンジャー』(2006~2007年)の巨大ロボ・ダイボウケンをベースにしている。歴代スーパー戦隊から選りすぐられた“全力全開”のロボパワーを結集したヒーローの誕生だ。



 本作の見どころの1つとなるのは、“機械生命体”であるロボヒーローの巨大化。ロボヒーローは人間サイズの敵には等身大で戦い、巨大な敵にはそのまま巨大化して、巨大ロボとなって戦う。ヒーローがメカに乗って戦うという、スーパー戦隊の約束ごとをポジティブに裏切り、ロボヒーローがそのまま巨大戦でも大活躍。最初から最後までロボットが出ずっぱりという、これまでにない斬新なスーパー戦隊にもなっている。



 スーパー戦隊といえば、気になるのは使用するアイテム。「ゼンカイジャー」の超重要アイテムとなるのがギアトリンガー。地上戦における変身や攻撃、さらに巨大戦でも活躍する必須アイテムとなる。また、このギアトリンガーと合わせて使用するセンタイギアは、スーパー戦隊の力を凝縮したアイテム。これらのアイテムが、戦いでどんな効果を発揮するのかは放送までのお楽しみとなる。



 また、テレビ放送スタートに先駆け、2月20日に『機界戦隊ゼンカイジャー THE MOVIE』を公開。『スーパー戦隊MOVIEレンジャー2021』と題し、『魔進戦隊キラメイジャー THE MOVIE』『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE』との豪華3本立てで公開する。



 キャストや声優などは来年1月15日に行われる制作発表記者会見で発表される予定。
カテゴリ