中井貴一主演『華麗なる一族』吉岡里帆、松本穂香ら万俵家キャスト全員集合

中井貴一主演『華麗なる一族』吉岡里帆、松本穂香ら万俵家キャスト全員集合

 政財界をまたぎ、富と権力をめぐる人間の野望と愛憎を描いた山崎豊子の傑作小説を中井貴一主演でドラマ化するWOWOW『連続ドラマW 華麗なる一族』(全12話)の出演者が新たに発表され、万俵家全員が出揃った。



【写真】今回解禁となった出演者



 大阪万博を間近に控えた日本の高度経済成長期、富と権力獲得の手段として、関西の政財界で閨閥(けいばつ)を張り巡らす阪神銀行の頭取・万俵大介を中心に、一族の繁栄と崩壊を描く。



 これまでに、主役・阪神銀行頭取の万俵大介役に中井、その長男・鉄平役に向井理、次男・銀平役に藤ヶ谷太輔、大介の愛人・高須相子役に内田有紀、そして大介の妻・寧子役に麻生祐未の配役が発表されていた。



 今回、発表されたのは、大介の三人娘。長女・美馬一子(みま・いちこ)役に美村里江、次女・万俵二子(まんぴ ょう・つぎこ)役に松本穂香、三女・万俵三子(まんぴょう・みつこ)役に福本莉子。



 さらに、関西財界の重鎮の令嬢で銀平との縁談を受ける・安田万樹子(やすだ・まきこ)役に吉岡里帆、元通産大臣の娘で鉄平の妻・万俵早苗(まんぴょう・さなえ)役に笹本玲奈、そして、大蔵省に勤める一子の夫の美馬中(みま・あたる)を要潤が演じる。彼らは万俵家に婿入り・嫁入りし、一族の実情を目の当たりにする。



 新たに発表された6人もまた、阪神銀行を守るため、阪神銀行がさらなる発展を遂げるために大介が企てた大胆な計画により、大介の野望の歯車となり、大きく運命を狂わせていく。そして、不気味で巨大な権力機構〈銀行〉の波に飲まれていく。



 吉岡は「山崎豊子さんの不朽の名作『華麗なる一族』に出演するということ。手汗握る 緊張感もありますが、脚本を 読み進めていく手は素直で『早く続きを、どうして? それから?』と高揚感の方がうんと強く胸の高鳴りを感じました。万俵家の一員として、このうねり続ける家族の画の中に私も真っ向から挑もうと思っています。そして皆様には、この恐ろしく不気味な一族を安全な場所から覗き見ていただけたらなと思います」。



 松本は「『華麗なる一族』という、誰もが知っている作品に参加させていただける事は、身に余る思いではありますが、素晴らしい役者さん方からいろんなものを吸収し、私らしい二子を演じられたらなと思っています。二子という人は、自分自身の気持ちに正直で、時代の波に囚われない、強い女性です。万俵家の中で交錯する愛情や憎しみ、絡み合う人間関係。そんな中でも二子は自分のあり方を忘れず、まっすぐに生きようともがきます。いつの時代も、自分の心から目を逸らさず、自分自身の手で人生を選択していくことの大切さを、二子を通して感じています。人間の底にある感情が包み隠さず描かれています。時に苦しい場面もあると思いますが、ぜひ『華麗なる一族』を、最後まで見届けていただけたらと思います」と、コメントを寄せている。



 同ドラマは、WOWOWプライムにて2021年4月18日スタート(毎週日曜 後10:00※第1話無料放送)。
カテゴリ