『監察医 朝顔』新春SP放送決定 “晴れ着の万木家”初公開 金城綾香P「オール新作で!」

『監察医 朝顔』新春SP放送決定 “晴れ着の万木家”初公開 金城綾香P「オール新作で!」

 女優・上野樹里主演のフジテレビ系月9ドラマとして初の2クール連続放送で、法医学者と刑事という異色の父娘を描く『監察医 朝顔』が、来年1月11日に新春スペシャルとして放送することが決定した。



【写真】上野樹里らが登壇した制作発表の模様



 『監察医 朝顔』は、同名漫画作品を原作に、ドラマ化をするにあたって大きくアレンジをした感涙のヒューマンドラマ。神奈川県にある興雲(こううん)大学の法医学教室に勤める法医学者の万木朝顔(上野)と、朝顔の父で神奈川県の野毛山署強行犯係に勤めるベテラン刑事の万木平(時任三郎)を中心に“法医学者×刑事”という異色のタッグが、かたや解剖、かたや捜査で、さまざまな遺体や事件の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくさまを描く。



 11月2日に第2シーズンがスタートを切り、初回の視聴率は個人で8.0%、世帯で13.8%を獲得。その後も好調を維持し、視聴者からは「涙が止まりませんでした」「登場人物全員を好きになってしまうようなドラマ」「朝顔を見ていると毎日丁寧に生きよう!と思わされます」など、絶賛が寄せられている。



 新春スペシャルでは、全編新撮にて、朝顔と桑原真也(風間俊介)が初めて出会ってから恋人として付き合うまでのことや、朝顔がつぐみ(加藤柚凪)を身ごもってから生まれるまでのことなど、これまで描かれることのなかった朝顔たちの宝物のような物語をはじめ、初めて執刀助手として解剖に臨んだ朝顔のエピソードも明かされる。



 初めての執刀助手ということで緊張する朝顔たちのもとへ運ばれてきた遺体は、特殊造形の作家をしている男性で、第1発見者は小学2年生の男児だった。遺体は発見時、体中に砂糖がふりかけられているという異様な状況で、遺体の発見現場にあった砂糖ケースからは、なんと男児のものらしき指紋が検出されたという。この男児が一体、どう関わっているのか、刑事たちが測りかねている中、解剖の結果は。



 プロデューサーの金城綾香氏は「新春SPは、総集編ではなく、今まで描かれていなかった朝顔の物語をオール新作でお送りします! これぞ万木家という心温まる家族のイベントがたくさん描かれます!中学生の朝顔、朝顔と桑原の馴(な)れ初め、つぐみ出産までの軌跡に、朝顔と平の父娘2人旅……。お正月ということもあり、幸せ満載のエピソードに、ほっこりしていただけること間違いなしです! 2021年も、監察医朝顔をよろしくお願いします!」とコメントを寄せている。
カテゴリ