柳楽優弥、“ほん怖”スタッフと送るSPドラマに主演 三浦知良・長男も出演

柳楽優弥、“ほん怖”スタッフと送るSPドラマに主演 三浦知良・長男も出演

 俳優の柳楽優弥が26日放送のフジテレビ系土曜プレミアム『4つの不思議なストーリー~超常ミステリードラマSP』(後9:15)劇中オムニバスドラマ作品『不思議なお守り』に主演することがわかった。今作には“キングカズ”ことサッカー・三浦知良選手とタレント・三浦りさ子の長男・三浦りょう太(りょう=けものへんに寮のうかんむりなし)も出演。柳楽と先輩・後輩役で共演している。



【場面カット】土屋太鳳が“不思議な体験”するオムニバスストーリーも放送



 同局『ほんとにあった怖い話』制作スタッフとJRA日本中央競馬会がタッグを組んだスペシャルドラマ。主演はJRA日本中央競馬会のプロモーションキャラクターでCM出演中の土屋太鳳、中川大志、葵わかな、柳楽で、松坂桃李、高畑充希を加えた6人が喫茶店に集まってなんとも不可思議な体験を語りで披露する。



 柳楽が演じるのは、仕事も恋愛もうまくいかない日々を過ごしている田島凌介(たじま・りょうすけ)。ある日の夜、凌介は見知らぬ女(佐藤めぐみ)に声をかけられ、古びたお守りを手渡される。奇妙に思いつつも翌朝仕事に出かける凌介だったが、その日からちょっとした幸運な出来事が立て続けに起こるようになる。



 しかし、凌介に良いことが起きれば起きるほど、妹の彩乃(あやの/石川恋)や会社の後輩である相川史人(あいかわ・ふみと/三浦)に不運な出来事が降りかかり…。それらがお守りのせいだと考えた凌介は、お守りを返すために神社へ向かうが、その道中で次々と試練が襲いかかる。



 「僕は怖い話が苦手で、台本を読んでいる間も『少し怖いな』と思っていました」という柳楽は、「『不思議なお守り』は少し怖くはあるのですが、登場人物がおもしろく、コミカルな雰囲気もあるので、撮影も思い切り楽しませていただきました」と満足げ。そして、「うまくいかないことがあってもそれを跳ね返すことができるキャラクターです。明るくて少しお調子者な凌介の姿を見て、皆さんに笑顔になってもらえたらうれしいです」とメッセージを寄せた。



 また、CMでおなじみのメンバーと初めてのドラマ撮影とあって「撮影が始まる前にはみんなと『どういう感じになるんだろう?』と話していました。いざ撮影してみると、長い間共演していることもあって、息の合った撮影になりました。楽しかったですし、(6人でドラマを撮影するのは)少し不思議な感じもしました。6人の掛け合いのシーンはかなりテンポ良く進んだのですが、やはり信頼関係があるからこそだと思います。これからも頑張ろうと思えるような撮影でした」とさらに仲が深まった様子を明かしている。
カテゴリ