松本&中居が考案のトーク番組、ギャラクシー賞月間賞を受賞「送り手の覚悟が脱予定調和を引き寄せた」

松本&中居が考案のトーク番組、ギャラクシー賞月間賞を受賞「送り手の覚悟が脱予定調和を引き寄せた」

 11月21日に放送された、ダウンタウンの松本人志とタレントの中居正広が考案しMCを務めるフジテレビ系土曜プレミアム『まつもtoなかい~マッチングな夜~』が、ギャラクシー賞テレビ部門2020年11月度月間賞を受賞した。



【番組カット】森進一の親子初共演など、豪華マッチングが実現



 マッチングされたのは、親子初共演となる森進一とMY FIRST STORYのHiro、“ロックの神様”甲本ヒロトと俳優の菅田将暉、女優同士となる天海祐希と小池栄子、そして最も予測不可能なローラとフワちゃんの4組で、豪華な顔ぶれがそろった。松本と中居が、企画立案から番組タイトルまで、細部にわたり番組の構成を考えてきた。



 今回の選評で「松本人志と中居正広が“会わせてみたい人”をマッチング。見どころを押しつけるテロップやワイプ、CMまたぎのあおり映像などの昨今の手法から離れたテレビの原点が逆に新しく、広々と自由な画面に甲本ヒロト×菅田将暉ら4組の対談が躍動した。送り手の覚悟が脱予定調和を引き寄せ、読後感の異なる4通りの見応えと感動があった」と理由を伝えている。
カテゴリ