『#Twitterトレンド大賞』1位は「コロナ(新型コロナ)」 「鬼滅の刃」は5位

『#Twitterトレンド大賞』1位は「コロナ(新型コロナ)」 「鬼滅の刃」は5位

 2020年にTwitterで話題となったワードを選出する『#Twitterトレンド大賞 2020』が22日、発表され、「コロナ(新型コロナ)」が1位に選出された。



【動画】“M-1王者”マヂカルラブリーが漫才生披露



 同賞は2020年に日本のTwitter内でトレンドインした全てのワードを集計し、通年でツイート量などを総合的に組み合わせて独自のアルゴリズムでランキング化したもの。



 トップ5は、1位「コロナ(新型コロナ)」、2位「#検察庁法改正案に抗議します」、3位「緊急事態宣言」、4位「100日後に死ぬワニ」、5位「鬼滅の刃」と、2020年の世相を反映する結果となった。



 発表会のMCを務めたロンドンブーツ1号2号の田村淳は「僕はツイッターを通して感じたのは、コロナという有事を目の当たりにしているけど、ツイッターの中で情報を探りながら、支え合うような言葉、自分を励ますような言葉を多く投げかけた一年でもあったのかな」と振り返った。



 部門ごとの発表では、ゲーム部門賞を「#nintendoswitch」、スポーツ部門賞を「大坂なおみ」、ニュース部門賞を「#半沢直樹」、アニメ部門賞を「#鬼滅劇場版」、最多リツイート&最多いいね賞を「100日後に死ぬワニ 【100日目】」が受賞。急上昇アカウント部門賞に「手越祐也」、審議委員会特別賞に「#StayHome」が選出された。



 この日の発表会は、田村、フリーアナウンサーの鷲見玲奈がMCを務め、声優の木村昴が進行を担当。そのほか、市川猿之助、カンニング竹山、後藤真希、チョコレートプラネット、花澤香菜、山之内すず、ゆきぽよ、JO1の川尻蓮、川西拓実、豆原一成、マヂカルラブリーらがゲスト出演した。



■トレンドTOP20は以下のとおり

1位・新型コロナウイルス

2位・#検察庁法改正案に抗議します

3位・緊急事態宣言

4位・100日後に死ぬワニ

5位・鬼滅の刃

6位・どうぶつの森

7位・ブルーインパルス

8位・トランプ大統領

9位・センター試験

10位・安倍総理

11位・マスク2枚

12位・#手越会見

13位・フリート

14位・ツイステ

15位・いのちの輝き

16位・ハイキュー

17位・#半沢直樹

18位・#東京都知事選挙

19位・#sailormoonredraw

20位・ポケモン

カテゴリ