M-1王者マヂカルラブリー村上、日テレ特番の収録で足を負傷 全治2週間程度

M-1王者マヂカルラブリー村上、日テレ特番の収録で足を負傷 全治2週間程度

 先日開催された『M-1グランプリ2020』で優勝したマヂカルラブリーの村上(36)が23日、来年1月放送予定の日本テレビ系バラエティー特番『NETA FESTIVAL JAPAN』の収録のリハーサル中に左足を負傷し、全治2週間程度のけがを負った。同局より発表された。



〈ツイッターより〉謝罪とともに現状を報告したマヂカルラブリー・村上



 収録の状況について同局は「村上さんが、舞台の昇降機からジャンプして登場するという演出の着地の際、昇降機の枠に村上さんの左足のつま先が挟まりました。直ちに病院で診察を受けたところ、左足親指の爪がはがれており、裂傷も見られたため縫合を行いました」と報告。医師からは「歩行を含め日常生活について制限は特になし」と診断され、村上本人の意向を尊重し、収録で漫才を披露した。



 村上は「M-1 のチャンピオンになって浮かれすぎてしまったのか、リハーサルを元気いっぱいやりすぎて、左足の親指をちょっと負傷してしまいました。よく見るとサンダルみたいな革靴を履いて漫才しているかもです。良かったらそこも注目してください!」と気丈にコメント。



 現在は「痛みもそんなになく、お医者さんからも『仕事は自分が大丈夫だったらやってもいい』ということでしたので、やらせていただきます!皆さん心配せずに、ちょっとだけ心配しながら応援していただければと思います」と呼びかけた。



 同局は「今回ケガをされた、村上さんをはじめ、関係者の方々、ご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げます」と謝罪。美術装置を使った演出については、は専門スタッフの指揮、指導のもと、安全に配慮してリハーサル、収録を行ってきたが、「このような事態となったことを重ねてお詫び申し上げます。今後は番組制作において、より一層安全対策に万全を期してまいります」と再発防止を誓った。
カテゴリ