あなたのアレルゲンを“6カ国語”で伝えられるアプリ「アレルギーカード」

あなたのアレルゲンを“6カ国語”で伝えられるアプリ「アレルギーカード」


自分のアレルゲンを、言葉が通じない相手にも伝えられるアプリ「アレルギーカード」が配信中だ。

海外旅行先でも自分のアレルゲンを伝達


「アレルギーカード」は、アレルギー保有者向けのアプリケーション。

“海外旅行先でレストランに行ったが、自分のアレルゲンを現地の言葉で伝えることができない”というときや、国内で遭遇する“店員さんが外国人で、アレルゲンが伝わっているか不安”といった場面でも、「アレルギーカード」を用いれば、言葉を介さずにアレルゲンを伝えることが可能だ。

使うことのできる言語は6カ国語。日本語・英語・フランス語・中国語(簡体字)・韓国語・スペイン語の中から選ぶことができる。

ダウンロードは無料!



アプリは「App Store」「Google Play Store」からダウンロードが可能。使い方はシンプルで、ダウンロードした後にアレルゲンを選択、次に言語を選択し、店員さんに見せるだけでOK。ダウンロードは無料となっている。

開発元のQuantum Boxは、「アレルギーカード」はアレルゲンを”伝える”ことに特化しているが、それだけでは“気軽に楽しく”は実現できないと考え、あらかじめ事業者に登録してもらったメニューを、ユーザーがアレルゲンや原材料で“探せる”「アレルギー探索プラットフォーム(仮)」も開発することを決定。2021年上半期のリリースを目指して準備中とのことなので、こちらも楽しみだ。
カテゴリ