“不倫専門家”陣内智則『脱力』で驚きの自説披露 結婚2年目の窪田正孝も興味津々

“不倫専門家”陣内智則『脱力』で驚きの自説披露 結婚2年目の窪田正孝も興味津々

 俳優の窪田正孝とお笑いタレントの陣内智則が、25日放送のフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に出演する。番組では“不倫専門家”の陣内に、現代の不倫事情を語ってもらうスペシャル企画を行う。



【番組カット】クールなメガネ姿で…陣内智則の話に興味津々な窪田正孝



 オープニングでは、窪田が主演していたNHKの連続テレビ小説『エール』が大好きだったという解説員の出口保行と岸博幸が、窪田と会うことができた喜びを熱く語り始める。しかしその直後、とある事情から、陣内が出演する番組では“エール”というワードは使用NGになっていることが発覚し、一同はタイトルを言わずに朝ドラの話を続けることに。するとスタジオにはおかしな空気が流れ、陣内は肩身の狭い思いを味わう。



 特集のテーマは「日本の夫婦は今!?炎上覚悟!不倫問題を陣内智則が語り尽くす!」。現在日本では、およそ3組に1組の夫婦が離婚を経験しているという。その大きな要因となるのが「不倫」。ある調査によれば、不倫をしたことがあると答えた男女は、3年前に比べ、倍増しているという。一体なぜ、こんなにも不倫が急増しているのか。そこで今回は、自らの実体験を踏まえた鋭い視点で不倫をひもとく“不倫専門家”である陣内に、現代の不倫事情を語ってもらうスペシャル企画を敢行。忌憚(きたん)のない意見を引き出すべく、事前に撮影した陣内の独占インタビューの映像を公開する。



 陣内本人だけが「企画内容を全く聞かされていない」と激しく動揺する中、インタビューのVTRが流れ始める。「夫婦円満の秘訣(ひけつ)は何なのか?」「不倫はなぜなくならないのか?」、また「芸能界の不倫についてどう考えるか?」といった問題について、自身の考えを述べていくVTRの中の陣内。だが、それらの意見は出演者たちの共感を得ることはかなわず、中には、昨年結婚したばかりの窪田を不愉快にさせる発言も飛び出す。スタジオにいる陣内は、ただただ困惑するばかり。さらに「一度不倫をした人はまた繰り返すのか?」という議題が上がると、VTRの中の陣内は驚きの自説を披露し始めるが…。



 「THE美食遺産」は、東京・豊洲にある人気店の冬限定メニューとして注目を集める絶品ローストチキンを、滝沢カレンがナビゲート。エンディングでは、「今日はどえらいクリスマスやぞ!」という陣内の嘆きがスタジオ中にむなしくこだますることとなる。



■窪田正孝コメント



ーーまず『全力!脱力タイムズ』初出演の感想をお聞かせください。

「そうですねぇ…(しばし沈黙)…あ、すみません、今、本当に脱力しちゃってるんです(笑)」



ーーだいぶお疲れのようですね…。

「はい(笑)。台本を見て覚えるという作業自体は普段からやっていますけど、今回はいつもより数段、難しく感じました。即興でアドリブにも対応しなきゃいけないし、話が四方八方に飛んでいくので、本番中はずっと耳がダンボでした(笑)」



ーー笑いをこらえるのにも、かなり苦労されていたようですが?

「そうなんです! 有田さんも小澤さんも、解説員の出口先生も岸先生も、よく笑わないでいられるなと、不思議でしょうがなかったです(笑)。でも、僕も噴き出しそうになったときは、皆さんのまじめな表情を見て、“みんな全然笑ってないんだから、俺もガマンしなきゃダメだ!”と、自分に言い聞かせながら頑張りました。この経験は、役者として今後の強みになるんじゃないかなと思います(笑)」



ーー番組はよくご覧になっているそうですが、収録に参加してみて気付いたことはありましたか?

「出演者もスタッフも、皆さん本当に“全力”なんだなと(笑)。“この番組、すごい!”と、改めて思いました。特にゲストの芸人さんは、どれだけ対応できるのか、腕試しをされているようなものだと思うんです。そして、その一方では有田さんが常に冷静にニュースキャスターという立ち位置を守っているという、そのギャップもすごいです。でも、それだけに僕としては、有田さんと陣内さんに挟まれているのが正直つらくて(笑)。途中から、“立ち位置変えてくれないかな”と、ずっと思っていました」



ーー陣内さんの印象は?

「とにかく優しい方です! 以前、バラエティー番組でご一緒したとき、陣内さんが気さくに話し掛けてきてくださったおかげで、緊張がほぐれたという思い出があって。僕はバラエティーがけっこう苦手なので、すごくありがたかったです。今回、そんな優しい陣内さんにキレてしまったので、いつかちゃんと謝らなきゃいけないなと思っています(笑)」
カテゴリ