細川たかし、作詞家なかにし礼さん追悼「天国でゆっくりとお休み下さいと祈るばかり」

細川たかし、作詞家なかにし礼さん追悼「天国でゆっくりとお休み下さいと祈るばかり」

 作詞家・直木賞作家のなかにし礼さんが23日、心筋梗塞のため死去したことが25日、分かった。82歳。訃報を受けて、なかにしさんが手掛けた「心のこり」「北酒場」を歌う歌手の細川たかしが25日、追悼コメントを発表した。



なかにし礼さんのプロフィール



 24日には、同じく「心のこり」「北酒場」を手掛けた作詞作曲家で歌手の中村泰士さんの訃報に接したばかり。細川は「なかにし礼先生の訃報を聞き、また一人昭和の偉人が亡くなってしまい残念でなりません。長い間闘病されていたと聞いていたので今は天国でゆっくりとお休み下さいと祈るばかりです」と思いを語り、故人を偲んだ。



 「先生とは私のデビュー曲『心のこり』を作詞して頂いたのが最初の出会いでした」としみじみ回顧。「『私バカよね おバカさんよね』冒頭の歌詞が余りにインパクトが強く、よくキャンペーンなどで子供に『あっおバカさんが歩いてる』などと言われる程でした。元々タイトルが『私バカよね』でしたがデビュー曲でこのタイトルは可哀想だと先生が『心のこり』と付けてくれたんです」とエピソードを語った。最後に「その七年後『北酒場』も先生の作品で私にとっての代表曲です。先生本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈りしております」と追悼した。



 なかにしさんは1938年、中国黒龍江省牡丹江市で生まれた。立教大学文学部仏文科卒業。大学在学中よりシャンソンの訳詩を手掛け、菅原洋一「知りたくないの」のヒットを機に作詩家となる。代表曲に菅原洋一「今日でお別れ」、黛ジュン「天使の誘惑」、北原ミレイ「石狩挽歌」、細川たかし「北酒場」など。日本レコード大賞を3回、同作詩賞を2回、またゴールデンアロー賞など受賞歴多数、手掛けた作品は約4000曲に上る。また2000年には『長崎ぶらぶら節』で第122回直木賞を受賞した。



 本人の遺志により、葬儀は家族葬で執り行う。「お別れの会」を執り行う予定だが、新型コロナウイルスの感染状況を見極めながら検討するという。
カテゴリ