中村勘九郎、大河撮影終了&コロナ太りで“10キロ増量”「糖質をたらふくとるようになった」

中村勘九郎、大河撮影終了&コロナ太りで“10キロ増量”「糖質をたらふくとるようになった」

 女優の上白石萌歌、歌舞伎俳優の中村勘九郎が26日、都内で行われたアニメ映画『劇場版ポケットモンスター ココ』公開記念舞台あいさつに登壇した。



【写真】今年の漢字を発表した上白石萌歌



 ポケモン映画は、「夏はポケモン!」を合言葉に22年間夏に公開してきたが、今年で23作目を迎える今回は、新型コロナウイルスの感染拡大状況から、シリーズとして初めて冬に公開となった。ジャングルを舞台に、ポケモンに育てられた少年・ココ(上白石)と、ココを育てた幻のポケモン・ザルード(勘九郎)の親子愛を描いた、“ポケモンが人間を育てる”という今までにない絆の物語が展開される。



 激動の2020年を漢字一文字で振り返った勘九郎は“太”と回答。その理由について「昨年、大河ドラマでマラソンランナーの役をやりまして、糖質制限ダイエットというものをしていたんです。撮影が終わった後、糖質をたらふくとるようになったら、大リバウンドし、さらにコロナ太りで10キロ太りました!(笑)」と告白。それでも「太ったおかげでザルードのような太い声が出せるようになったので良かったかな?とは思っています!」と笑顔を見せた。



 “成”と回答した上白石は「成人だったということもあるんですが、今年は本当にいろいろなことがあって、大変な思いをされた方もたくさんいらしたと思うんですが、私自身多くのことを成しとげられたと年でした。そして、皆さんの健康や存在があってこそ、成り立つこともたくさんあったな…とも思ったので、3つの意味での『成』という漢字にさせていただけました」と話した。



 この日は、ミュージシャンの岡崎体育、タレントの中川翔子、声優の山寺宏一、矢嶋哲生監督も出席した。
カテゴリ