読売巨人軍『体育会TV』参戦 岡本和真選手は「ぶち抜キング」で奇跡の一打

読売巨人軍『体育会TV』参戦 岡本和真選手は「ぶち抜キング」で奇跡の一打

 プロ野球のセ・リーグを連覇した読売ジャイアンツの石川慎吾選手、大城卓三選手、岡本和真選手、田口麗斗選手、戸郷翔征選手、畠世周選手、松原聖弥選手、元木大介コーチが、きょう26日放送のTBS系『炎の体育会TVSP』(後7:00~9:00)に出演する。



【写真】最難関競技「ぶち抜キング」に挑戦する岡本和真選手



 きょうは、原辰徳監督からの信頼が厚い元木コーチが、今年活躍を見せた若手選手たちを引き連れ緊急参戦。今シーズン9勝をマークした戸郷選手、先発・中継ぎで活躍した田口選手は、動く的を狙うゲーム「射的ピッチング」に挑戦する。



 チームの捕手としては阿部慎之助選手(現・2軍監督)以来のベストナイン賞に輝いた大城選手、“ダイナマイト・シンゴ”の愛称で慕われ代打の切り札として活躍した石川選手は、バッティング企画でパワーを見せつける。今年1軍に定着した松原選手は、ピンポン野球」に挑む。



 そして、本塁打・打点の2冠王に輝いた岡本選手は、10枚の連なったパネルを1球で打ち抜けるかという最難関競技「ぶち抜キング」で、奇跡の一打を見せる。また、今季プロ初完投・初完封をして日本シリーズにも先発した150キロ右腕・畠選手は、アニメファンということを明かし、スタジオも盛り上がりを見せるなど、ゲストで参加した巨人ファン・伊沢拓司も大熱狂するパフォーマンスが繰り広げられる。
カテゴリ