ナイナイ、結成30周年の節目に“2人きりでキャンプ” 解散の不安、相方に望む姿などを本音で語り合う

ナイナイ、結成30周年の節目に“2人きりでキャンプ” 解散の不安、相方に望む姿などを本音で語り合う

 来年1月3日に、カンテレ・フジテレビ系全国ネットのバラエティー特番『ナイナイDAYS 30年の節目に密着してたら岡村さん結婚しちゃったSP』が放送(後2:30)。コンビ結成30周年&岡村隆史の結婚と大きな節目を迎えたナイナイが、2人旅で本音を語るほか、ナイナイと同じ“30歳”を迎えた浅田真央とゆりやんレトリィバァの新たな挑戦に「ナイナイDAYS=99日」密着。浅田とゆりやんのVTRのナレーションは、こちらも30歳のファーストサマーウイカ、そしてナイナイ2人旅のナレーションは、2人と縁が深い人物が担当する。



【動画】ナイナイが2人きりでキャンプ旅 お互いに本音で語り合う



 今回「30周年の節目に番組でやりたいこと」として、岡村が希望したのは「矢部と2人きりでのキャンプ」。長年、コンビとしてお笑いの最前線を走り続ける一方で、プライベートでの交流はまったくなかったというナイナイだが、「令和の罰ゲームですよ」と苦笑いする矢部浩之を連れて、合計年齢99歳のオジサン2人による初めてのキャンプ旅が実現。その行き先は、岡村夫婦の思い出の場所だった。



 都内で待ち合わせた2人は、さっそく車で出発。道中、かつて拠点としていた銀座7丁目劇場があったビルを訪れ、当時のスケジュール表を見ながら、多忙を極めた上京当時を振り返る。さらに、移動中の車内では、ナイナイの同期・キャイ~ンからラジオ風のお祝い&暴露メッセージが届いたり、岡村の“交際0日婚”秘話や矢部家のルールについて盛り上がったりと、これまで語られなかった私生活が赤裸々になる。



 キャンプ場に到着した2人は、さっそくバーベキューを開始。軽くお酒も入り、話題は「コンビの未来」について。岡村が語る、志村けんさんへの思い…そして解散の不安を抱えていたという岡村と矢部の本音。お互いが相方に望む「芸人としての姿」とは。翌朝、絶景の富士山を前に、日の出を待つ2人、矢部がポツリと岡村に「奥さんの写真見せてくれへん?」と呼びかける。



 スタジオには、ナイナイと同じ“30歳”を迎えた浅田とゆりやんが登場。現役引退後、アイスショーを中心にスケート活動を行う浅田の挑戦は、なんと氷上でのバク宙で、試合では禁止されている大技をアイスショーで披露するため猛特訓の日々を送る。さらに、最近30キロの減量で激やせした、ゆりやんの挑戦にも密着。ダイエットの目的はアメリカ進出だった(?)ことや、容姿ではなく、しゃべりで笑いを取りたいという思いなどが明かされる。

カテゴリ