ちょっと待った!脈なしに見せかけて「じつは脈あり」な男性の行動

ちょっと待った!脈なしに見せかけて「じつは脈あり」な男性の行動

気になる人との関係がなかなか発展しないと、「もう諦めようかな……。」と、撤退モードに入ってしまうもの。


愛情表現は人それぞれ。自分の価値基準で判断して、諦めてしまうのはもったいないかも。


今回は、「脈なしと見せかけて実は脈ありな行動」を男性のホンネを交えながら3つ紹介します。



期間が空いても定期的にデートに誘われる


「今はキャリアの下積み時期だと考えているので、仕事を優先しています。でも、恋愛したくないわけじゃない。デートのペースは2カ月に1回程度になっちゃうけど、理解のある女性とゆっくり恋愛を進めていきたい」(25歳/撮影業)


毎週末デートしたい人もいれば、デートは月に1回や隔月でもいい人と、理想のデートの頻度は人それぞれです。


デートに頻繁に誘ってくれないからといって、必ずしも脈なしとは言い切れません。


むしろ、2カ月の期間が空いていても定期的にデートに誘ってくれるのは脈ありの証拠です。


自分だけでなく、相手のペースも見ながら、ゆっくり恋愛を進めてくださいね。


2人きりでは会わないけどよく2人で話す


「中高と男子校だったこともあり、恋愛経験ゼロ。好きな子はいるけど、2人で何を話したらいいか分からなくて、デートにはまだ誘えません……。でも、グループで集まったときは、積極的に話しかけて頑張ってます」(21歳/大学生)


恋愛慣れしていなかったり、口下手で2人きりだと話せなかったりと、好きであってもデートに踏み切れない男性がいるのも事実。


2人きりで遊ぶ機会はなくても、グループで集まるときに積極的に関わろうとしてくれているのであれば、脈ありと考えても良いかもしれません。


思い切って自分から2人でのデートに誘ってみるのもひとつの手ですよ♡


必ずLINEの返信がある


「激務なので、LINEに即レスしたり長文を書いたりするのは無理!でも、気になる子のLINEには必ず返信します。『メッセージありがとう』とか『風邪に気を付けて』とか、短文でも気持ちを込めて返信してます」(23歳/営業)


脈のありなしをLINEの返信速度や文章の長さで見極めようとしていませんか?


お互いに忙しい場合は、個人的なLINEのやり取りをする時間がなかなかとれないこともあるでしょう。


気になる相手からの返信が遅くても、「既読無視されちゃった……。」と落ち込まず、気長に待つことが大切です。


返信までに数日かかるのは、相手が忙しい時期かもしれないので、自分からのLINEも少しゆっくりペースで出すと良いですよ。


すぐ諦めずに脈ありかどうか見極めよう


デートに誘われる頻度が少なかったり、すぐLINEの返信がなかったりすると、諦めモードになりがちですよね。


男性によっては期間はあいても定期的にデートに誘う、数日かかっても必ずLINEに返信するなど、実は脈ありなサインがある場合も。


すぐ諦めずに、チャンスがあるかどうかを見極めてみてくださいね。


(愛カツ編集部)



カテゴリ