『魔法科高校の優等生』来年テレビアニメ化、達也の妹・深雪が主人公 早見沙織も喜び

『魔法科高校の優等生』来年テレビアニメ化、達也の妹・深雪が主人公 早見沙織も喜び

 シリーズ累計2000万部突破している『魔法科高校の劣等生』のスピンオフコミック『魔法科高校の優等生』が、2021年にテレビアニメ化されることが決定した。あわせて、特報CMとティザービジュアル、記念イラストが公開された。



【動画】「お兄様、主役です!」魔法科高校の優等生の特報CM



 『魔法科高校の劣等生』は、魔法が技術として確立された世界を舞台に、通称“魔法科高校”に通う1組の兄妹と仲間たちの波乱の日々を描いた物語。テレビアニメ、劇場アニメ、コミックス、ゲームなど多くのメディアミックスが展開されており、『魔法科』シリーズは来年2021年に10周年を迎える。



 『魔法科高校の優等生』は、司波達也の妹・司波深雪を主人公としたスピンオフコミック。原作の佐島勤氏は「驚かれたファンの皆様も多いと思いますが、『魔法科高校の優等生』(以下『優等生』)アニメ化決定です。私も最初は驚きました」と驚きつつ、「『優等生』は原作小説をそのままコミカライズしたものではなく、原作のエピソードを別視点から再構成したものです。『魔法科高校の劣等生』(以下『劣等生』)のコミカライズとしては最初期に始まり、原作と歩調を合わせるように完結した、色々な意味で原作小説と二人三脚で展開された作品です」と作品内容を説明した。



 また、「この様に私にとっても思い出深い『優等生』は主に深雪視点で第一高校入学直前からの学生生活が描かれます。謂わば魔法科高校の劣等生・ガールズサイドでしょうか。無論達也をはじめとする男性陣の活躍が描かれないというわけではありませんが、少女の心情描写に重点が置かれています。雰囲気は『劣等生』よりもソフトで軽やかです。『優等生』は漫画ですが『劣等生』よりもライトノベル的で、もしかしたら『劣等生』よりもアニメ向きかもしれません。魔法科ファンの皆様もアニメファンの皆様も、どうかご期待下さい」と呼びかけた。



 深雪役の早見沙織は「ついに『優等生』がアニメ化です。いつもお兄様が軸にいる心強さを噛み締めながらアフレコしておりましたので、今から緊張いたしますが、一層気を引き締めて臨みたいと思います。深雪サイドから改めて物語をお楽しみくださいませ。2021年の魔法科は、優等生。放送をお楽しみに!」と伝えた。

カテゴリ