中居正広“社長業”に奮闘 松本人志に“ギャラ配分”を提案「5:5です」

中居正広“社長業”に奮闘 松本人志に“ギャラ配分”を提案「5:5です」

 タレントの中居正広が、27日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。今年4月に個人事務所『のんびりなかい』を立ち上げ、タレントと“社長”の二足のわらじで活動してきた8ヶ月を振り返った。



【写真】番組内で大きな笑顔を見せる中居正広



 東野幸治から「中居さんは3月に(事務所を)退所されて」と向けられると「大変ですね、すごいハンコ押しています。最初、全部やっていたんですけど、多すぎて…」と奮闘ぶりを報告。松本人志が「社長なわけやろ、社長って呼ばれてんの?」と投げかけると、中居は「取締役社長ですね」と答え、各局へのお歳暮も自ら選んで贈ったと明かした。



 松本が「例えばですよ、オレ入れてくれんの?」と直球で質問すると、中居が「5:5です」とギャラ配分を提案。松本は「歩合? ウソやん、それ吉本よりキツイやろ、超ブラックじゃん」と笑いながらツッコミを入れた。



 事務所からの独立をめぐる動きも、ここ数年活発になっていることを受け、松本は「どこまで言っていいのか…」と前置きした上で「一時の芸能界をずっとけん引してきた、大手のすごい事務所のお偉いさん方が、なかなか高齢化してきていて、たぶん何年かでだいぶ変わるやろうなと思うね。日本の芸能界は」と指摘していた。
カテゴリ