JO1、クリスマスに愛の告白対決でガチ照れ 女装公開で決めせりふ「終電逃しちゃった」

JO1、クリスマスに愛の告白対決でガチ照れ 女装公開で決めせりふ「終電逃しちゃった」

 11人組グローバルボーイズグループ・JO1が25日放送のテレビ&ビデオエンターテインメント・ABEMAの『JO1スターギャザーTV』最終回1時間スペシャルに出演した。



【番組カット】「終電逃しちゃった」キュートな女装姿を披露した佐藤景瑚



  番組は、世界の頂点を目指すJO1のメンバーが、同世代で同じく世界を目指す“ゲンセキさん”や世界を制した“スターさん”を招き、パフォーマンスやその心構えを学んでいった。



 最終回は、「JO1サンタとクリスマス1時間SP!女装にも挑戦!」と題したクリスマス1時間スペシャルに。サンタクロースやトナカイなどの衣装でJO1が、わちゃわちゃと収録を行った。進行役のお笑いコンビ・NON STYLEが参加して行った「愛してるゲーム」では、メンバーたちによる愛の告白合戦を実施。年上・年下チームに分かれたメンバーたちが、日頃の感謝とともにメンバーへの愛の告白を行った。開始前からニヤニヤが止まらない大平祥生が、年上チームの白岩瑠姫に「瑠姫くん、顔も性格も全部愛してます」とささやくと、白岩は「もう1回言って?」とおかわりを希望。これに対し「愛してます。愛してる。愛してるよ!」と攻める大平だったが、白岩はギリギリながらも無表情を貫き勝利した。



 しかし、判定後に思わず崩れ落ちてしまうと、白岩は「途中、『男だけで何やってんだろ?』って恥ずかしくて…(笑)。甘いせりふをメンバーに言われるのはちょっと俺弱いわ…。かゆくなってくる」と感想を語った。続いて、今度は“愛してる”を言う側になった白岩が、川西拓実に「お前本当にかわいいな。愛してる」と目の前でささやくと、最初に「え?」ととぼけた表情に。しかし、白岩の追い打ちをかける2回目の「愛してる」に思わず川西は大照れ。その後、川西は「瑠姫くんヤバかった…。カッコよかった!」と絶賛。実は笑いをこらえ切れていなかった白岩と共に、2人仲良く罰ゲームを受けた。



 最後にリーダーの與那城奨が、NON STYLEの井上裕介を後ろから抱き寄せながら「JO1の事支えてくれて本当にありがとう。愛してます」とささやく。感無量の井上が思わず「俺も」と返答し、現場では笑いが巻き起こった。



 番組の後半では、井上からの「クリスマスプレゼントとして今かなえられる事があればかなえますよ」という言葉をきっかけに、金城碧海と佐藤景瑚がやりたい事として挙げていた“女装”に挑戦。さらに、志願者の2人と共に豆原一成も人生初の女装姿で登場すると、プロによる完璧なメイクと清楚系ファッションをまとった3人の仕上がりに、他のメンバーたちは驚きの声。



 はじめに、最年少の豆原が登場すると「アナウンサーみたい!」と絶賛するメンバーたちに対し、豆原は「お姉ちゃんにめっちゃ似てます」と自身の女装について感想を語った。続いて金城が登場すると、今回のテーマを高めの声で「大阪から東京に引越して、約半年で東京に慣れてきだした女の子」と明かす金城にスタジオは大盛り上がり。さらに、他のメンバーたちから「女性寄りの顔つき」と言われていた佐藤が登場した際には、白ニットとチュールスカートで登場した佐藤によるキメせりふ「終電逃しちゃった」に、他のメンバーたちは「あざとい!」という声が止まらなかった。



 3人の中からナンバー1女子を決める事になった河野は、腕を絡めて「今日はちょっと帰りたくない…」とささやく佐藤に、思わず「いいですねぇ」とデレデレだった。また、「ABEMAプレミアム」では、女装に挑戦した3人の女装メイクビハインド映像のほか、最終回の収録の様子を公開している。
カテゴリ