意外とやりがち?男性の「恋心を冷ます」タブー4つ

意外とやりがち?男性の「恋心を冷ます」タブー4つ

「二回目のデートにそう誘われない」「イイ感じになっても交際にならない……」――こんなふうに悩む女性、けっこうたくさんいるんじゃないでしょうか。


出会いがあっても実際のお付き合いにつながらない場合、もしかしたら男性の恋心を冷ましてしまっている可能性も考えられます。


そこで今回は、男性の恋心が冷めちゃうタブーにはどんなものがあるのかをご紹介。


恋愛関係になりたいのなら、これは控えたほうがいいかも。



付き合う前には聞いてほしくないNG質問


「初デートで元カノの話を根掘り葉掘り聞かれ、ついでに家賃とかお金関連のことも聞かれ、最終的には『最後にエッチしたのってどれくらい前?』とかなりプライベートなことまで聞かれたことがある。あれは確実にないね」(30代・IT)


気になる彼のことはたくさん知りたいですよね。その気持ちはよくわかりますが、質問するにしても失礼にならない程度にしておきましょう。


あまりにもプライベートなことを交際前に聞くのは相手の心を冷ます原因になるので危険です。


張り切りすぎたメイクとファッション


「張り切りすぎたメイクとファッションはダサく見えてしょうがない。

自分とのデートで気合を入れてくれるのはいいんだけど、派手すぎると一緒にいるこっちまで恥ずかしくなる……」(30代・営業)


気になる彼とデートとなると、少しでも好印象を持たれるようにと張り切ってしまいますよね。


ただ、何事もやりすぎ注意。


メイクもファッションもやりすぎてしまえば、好印象どころか、引かれてしまう可能性も大きくなります。


頻度が高すぎるLINE


「マッチングアプリで知り合って、初めて会うまではそこまでLINEも頻繁じゃなかったのに、初デートのあとから急にLINEが多くなった。

気に入ってもらえたのかなとは思うけど、追われている感覚がすごい。圧迫感も半端ないですね……」(20代・公務員)


恋愛温度上昇に伴い、自然にLINEの頻度も上がってしまう女子も多いのではないかと思います。


ただ、そういう感じで暴走をしてしまうと、高確率で相手男子に引かれてしまいます。


大好きでも、彼のLINE頻度を大きく上回ることがないように気をつけたほうがいいです。


愚痴など第三者の話


「愚痴っぽい感じの陰気な女子が苦手。

基本友達や会社の人の愚痴なんだけど……こっちからしたら第三者の知らない人でしかないから、『そーなんだ』って聞くしかなくて、かなりつまらなかった」(30代・広告)


たまには愚痴も言いたくなるでしょう。


でも交際前の男性に愚痴っぽくなるのは、自分の印象を落としかねないので控えたほうが吉です。


微妙な時期は些細なことで冷めてしまいやすいので、できるだけ楽しい話題を心がけたほうがいいですよ。


交際前はデリケート!


交際前のデート時期って、デリケートです。


二回目のデートに誘われたい、交際の流れに持っていきたいのなら、ご紹介したような点に気をつけてみましょう。


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ