脈アリを見抜くにはこれでOK!男性が本命女子にだけみせる行動4つ

脈アリを見抜くにはこれでOK!男性が本命女子にだけみせる行動4つ

気になる男性が現れても、脈アリかどうか分からないとなかなか積極的になれないことってありますよね。


彼といると楽しいと感じる反面、「どんな女性にも同じ態度なんだろうな」と思うと、冷静になってしまう。


そこで、男性が本命女子にだけとる行動をご紹介します。これを抑えておけば脈アリを見つけるのでチェックしてみてください。



LINEは常に男性から


恋をしていると、いい方向に物事を考えてしまうことってありがちです。


しかし、それが勘違いであることも多いです。


例えば、「彼とずっとLINEのやり取りが続いているってことは脈アリだよね?」と思ってアプローチを仕掛けてみたけれど、振られてしまったなんていうパターンもよく見かけます。


この場合、LINEのやりとりは彼から始められているかをチェックしてみましょう。


既読スルーするのは気が引けるから、送られてきたメッセージには全部返すという男性もいます。


逆に、本命女子には自分からメッセージを送ってアプローチを仕掛ける男性が多いです。


デート代は男性持ち


デート代のお会計のときに、お財布を出そうとしない女性にドン引きする男性は多いです。


しかし、これは相手がどんな女性なのか探っている段階でのお話。


「この人が好きだ!」と明確になっている場合や「どうしても付き合いたい」と思っている場合は、「ここは俺が出すよ」と男らしい姿をアピールしたくなるものです。


そのため、お会計のときにどんな対応をしてくるかを見てみるのもおすすめです。


かなりスマートな男性は、女性がお化粧なおしに席を立ったときにお会計を済ませていることもあります。


デートは女性の行きたい場所優先


デートは女性の行きたいところを最優先するかどうかもポイント。


しかし、デートでどこへ行くか考えるのが面倒だから、「どこでもいい」という男性は少なくありません。


そのため、「どこ行きたい?」と聞いてくることが予想できますが、本命女子相手の場合は少し違います。


「〇〇行きたいって言ってたよね? 来週の休みに一緒に行かない?」と女性が行きたいところを事前にリサーチして彼の方から誘ってくるといえるでしょう。


デート先は「どこでもいい」のか「彼女を喜ばせたい」のかで本命かどうかを見極めることができます。


時間がなくても会おうとしてくる


仕事で忙しくてなかなか予定を合わせられないけれど、それでもちょっとした時間で会おうとしてくる場合、男性の本気度が高いといえます。


仕事でとても忙しいときに、1時間だけなら都合がつけられるとなっても、わざわざ電車に乗って会いに行ったり、仕事終わりにお茶をしたりする行為はなかなかしません。


早く返ってゆっくりしたいと思っても不思議ではないからです。


もし会ってくれるとなっても、「1時間だけなら大丈夫かな」というメッセージになりがち。


しかし、これが本命女子相手の場合は、「1時間だけなら会えるけど、それでも大丈夫?」と相手を気遣うメッセージに変わります。


本命相手にはどんなときも気遣いが現れるものといえるでしょう。


まとめ


男性が女性の性格を探っている段階で見せる姿と本命相手に見せる姿は違ってくるもの。


だからといって、「本命じゃないのかも」と落胆するのは早いかもしれません。


これから、デートを重ねていくうちに本命になる場合もあるので、見極めどきを誤らないように気をつけてください。


(草薙つむぐ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ