「絶対に格闘技を好きにさせる!」朝倉海、2年連続で大みそか『RIZIN』メインへ出撃!

「絶対に格闘技を好きにさせる!」朝倉海、2年連続で大みそか『RIZIN』メインへ出撃!

 きょう大みそかにフジテレビで放送される格闘技の祭典『RIZIN.26』(後6:00~11:45)で、メインイベントを務める格闘家・朝倉海(27)。RIZINバンダム級の王者として圧倒的な強さを誇り、チャンネル登録者数が80万人を超えるYouTuberとしても活躍、爽やかなルックスで女性人気も急上昇。現在の“日本の格闘技界の顔”として、昨年に続いて2年連続でメインという大役に抜てきされ、アメリカでも多数の実績を残した堀口恭司(30)と対戦する。世界が注目する一戦を目前に控えるなか、試合への意気込みとその先に見据える目標に迫った。



【写真】朝倉海のプライベート&ファイティングポーズ



■堀口恭司と待望の再戦「王者としての実力をしっかり見せて倒したい」



 試合2週間前というタイミングでのインタビューとなったが、リラックスした笑顔を浮かべながら話してくれた海選手。前日まではかなり激しい練習で追い込んできたが「2週間を切ると、調整や動きの確認という段階になります。ここで追い込んでケガをしたら大きなマイナスになるので。試合が待ちきれないと言うより、いまは穏やかな気持ちですね。ただ、試合に向けた減量は何度やってもキツイので、なんとか乗り切らないと」と心境を語る。



 堀口選手とは、2019年8月に対戦している。当時の堀口選手はRIZIN&アメリカの団体・ベラトールの“2団体王者”で、世界中から注目されており、試合前の予想では海選手が圧倒的に不利だった。しかし試合が始まると、開始早々に海選手が右のパンチをクリーンヒットさせ、わずか68秒でKO勝利。世界中の格闘技界に衝撃を与えた。その後、19年大みそかでの再戦が決定したが、堀口選手が練習中に大けがを負ったことで延期に。その間に海選手が堀口選手の巻いていたベルトを獲得。今回が1年4ヶ月ぶりの待望の再戦にして、王者の海選手vs挑戦者・堀口選手という前回とは逆の立場となった。



 海選手は昨年の試合について「堀口選手が絶対的に有利で、僕が負けると思われている状況の試合で、それを見返してやろうと臨んだ試合でした」と振り返る。「今回は僕がチャンピオンになって、周りの評価も五分五分くらいなので、王者としての実力をしっかり見せて倒したい」と連続勝利に自信を見せる。



 前回の試合から成長したポイントを聞くと「格闘家としてすべてが成長しました。ボクシング技術、試合の組み立て方、体の強さなど、経験を重ねることで別人のようになってると思います」。前回の堀口戦以降、海選手は強豪相手に4試合も戦ってきた。「勝った試合でも反省点がすごくあるので、それを試合ごとに修正することを繰り返して、確実に強くなってきました」と言葉に力を込める。



■2年連続で大みそかのメイン「とても光栄です」 YouTubeで知名度が急上昇



 今回の堀口戦は、大会のメインイベント。昨年に続き、2年連続で1年の最後の戦いを締めくくるという大役について「そんなに気にしてなくて、プレッシャーは感じないです」と冷静に話しながらも、「メインを任せてもらえたことは、誇らしいです。大みそかは格闘技の一番のイベントで、そのメインということは日本の格闘技で一番注目されている選手ということ。それを2年連続で任せられて、とても光栄です」と胸を張った。



 “フジテレビの大みそかコンテンツ”のメインという重責にも「しっかり仕事を果たしたいなと思います」とクールに語り、「勝ったらぜひフジテレビさんの番組にたくさん出させてもらいたいですね。新年から忙しくなりそうだな。いずれは吉岡里帆さんとの共演をお願いします」と笑顔も見せた。



 格闘技以上に海選手の知名度を広げているのが、日々更新されているYouTubeだ。豊富なラインナップの動画で多くの人を楽しませているが、異なるジャンルのアスリートや芸能人とのコラボ動画は毎回大きな話題となっている。「トップのアスリートや芸能界で活躍されている方は、考え方や話し方などから活躍できる理由があると感じることが多くて、とても勉強になります。いろんな方に刺激を受けましたが、一番を挙げるなら武井壮さん。頭もいいし運動もできるし、パーフェクトな人です。得た知識や感覚は格闘技にフィードバックできているし、見てくれた人にも刺激を与えていきたいと思っているので、これからも積極的に取り組んでいきます」。



 最近で最もバズった動画は、先月に公開した『ファイトマネーで母親に車をサプライズプレゼントしてみた』。感動的な内容の動画で1週間で300万回以上も再生され、1ヶ月以上経過した現在も数字を伸ばしている。「反響は予想以上でしたね。母親への感謝を照れくさいからYouTubeの企画にしたのですが、見てくれるみんなにも『親孝行をしてね』っていうメッセージも込めてみました(笑)」。



■格闘技の底上げのために「もっと有名になりたい」兄・未来と1年ぶりに揃い踏み



 圧倒的な強さとルックス、カリスマ性、そしてYouTubeで世間的な知名度が上がってきたが「格闘技を広めるために、もっと有名になりたい。自分は飽きやすいタイプで何事も続かなかったし、高校生の頃は将来の夢もなかったけど、格闘技は人生で初めて夢中になれました。格闘技のおかげで今の自分があるし、格闘技愛は強いので、もっとたくさんの人に知ってもらうため、自分がどんどん有名になって広めていきたいです」と格闘技界全体の底上げを見据えている。



 今回の大会では、海選手の兄である朝倉未来選手も参戦。昨年の大みそか以来、1年ぶりの兄弟そろっての揃い踏みとなる。「兄弟がそろうと、やっぱり盛り上がると思うんですよね。自分たちも一緒に盛り上げたい気持ちがあるし、そろって勝ちたいですね」。昨年は未来選手が勝利したが、海選手はまさかの敗北だっただけに、兄弟そろっての大みそか勝利に期待が集まる。



 最後に、改めて今回の大一番への意気込みを聞いた。



 「今回の試合は、今まで日本の格闘技を引っ張り世界で実績を残してきた堀口選手と、RIZINで勝ち続けてきた僕のぶつかり合いで、2020年を締めくくるのにふさわしい特別な試合です。お互いにストライカーで一撃を持っているので、いつ終わるか分からない、どっちかが倒れる試合になるので、ふだん格闘技を見ない方が見ても楽しい戦いになります。この試合を見てもらえたら、絶対に格闘技を好きになってもらえる自信があります。期待を裏切らないので、ぜひ見てください!」



◆朝倉海(あさくら・かい)

1993年10月31日生まれ。愛知県出身。

現RIZINバンダム級チャンピオン。兄の朝倉未来とともにアウトサイダー時代から一目置かれ、60キロ以下級では無敗を誇り、2017年大みそかの才賀紀左衛門戦でRIZINデビュー。20年8月のRIZINで空位となったバンタム級のベルトを賭けて扇久保博正と対戦し、圧倒的な強さで勝利し念願のベルトを手にした。
カテゴリ