寺田倉庫のアートカフェ「WHAT CAFE」で村田宗一郎の個展が開催

寺田倉庫のアートカフェ「WHAT CAFE」で村田宗一郎の個展が開催


寺田倉庫が運営するアートカフェ「WHAT CAFE(ワットカフェ)」で、2021年1月17日(日)~2月14日(日)の期間、村田宗一郎個展「A Walk through White Shadows」が開催される。

未来を担うアーティストの支援が目的のカフェ


「WHAT CAFE」は、アート業界の未来を担うアーティストの支援を目的とした芸術文化発信施設。ギャラリーとカフェが融合する800㎡におよぶアート空間で、食事や飲み物を楽しみながら、日本のアート業界の未来を担うアーティストの作品を鑑賞・購入することができる。

キャリア初期から最新作まで50点以上を展示


今回の展覧会でフォーカスするアーティスト・村田宗一郎は、2000年代後半に学生ながらFrieze Londonに出品するなど、早くから注目を集めてきた実力派。村田氏の表現は美術領域にとどまらず、詩や小説の執筆にまでおよび、テキストとビジュアルイメージを架橋しながら、作家特有のパースペクティブを現出させている。

同展では、平面作品を中心に、キャリア初期から最新作までを網羅した50点以上の作品を展示。タイトルの「A Walk through White Shadows」と呼応するように、作品を離散的に配置し、回廊のような展示空間を作り出している。世界が未曾有の危機に見舞われる中、普遍的なテーマである「詩性」を表象する村田氏の作品は、見るものを日常から遠ざけ、自らを見つめ直す静かな時間を提供してくれるだろう。

入場は無料。なお、会期中は休館が予定されており、休館日は「WHAT CAFE」のホームページにて告知されるので、詳細とあわせて確認を。

■「WHAT CAFE」
住所:東京都品川区東品川2-1-11

※開催状況が記事の掲載時と異なる場合があります。おでかけの際はHPなどで最新情報のご確認をお願いします。
カテゴリ