「南部せんべい」をテーマに「青森県五戸町」を舞台にした絵本が新発売

「南部せんべい」をテーマに「青森県五戸町」を舞台にした絵本が新発売


児童書出版社の岩崎書店は、青森県五戸町(ごのへまち)を舞台にした絵本「せーんべせんべ 五戸のおんこちゃん」(さく・え:東京ハイジ)を、全国の書店やネット書店などで2021年1月18日(月)から順次発売する。

五戸町の魅力満載の作品


“青森県五戸町をたくさんの人に知ってほしい!そして好きになってほしい!”という想いから、五戸町出身姉妹クリエイター・東京ハイジと五戸町役場、岩崎書店が力を合わせて一冊の絵本「せーんべせんべ 五戸のおんこちゃん」を制作。

「おんこちゃん」は、五戸町と東京ハイジがコラボして作成した五戸町PR動画に登場するキャラクターだ。


同書では、五戸町を含む南部地域のソウルフードである「南部せんべい」をテーマに、おんこちゃんと内気な少年の美味しい話が描かれている。


南部せんべいのさまざまな食べ方のほか、


実在する店や施設、祭りなども紹介され、五戸町の魅力満載。全国の人が読んで楽しめるのはもちろん、五戸町出身の地元の人に同町の魅力を再発見してもらい、町外へのお土産などにしてもらいたいという願いも込められている。

また同町では、「せーんべせんべ 五戸のおんこちゃん」が町の魅力に気づくきっかけになることを期待して、町内の小中高生への配布を予定しているのだそう。

五戸町出身のクリエイターが描き出す世界


同書を手がけた東京ハイジは、姉のササキトモコさんが脚本と音楽、妹のササキワカバさんがイラストを担当して活動するクリエイター。

名前の由来は「りんごほっぺでハイジのような姉妹が、大都会東京にきて呆然としている」というイメージから。絵本作品に『東京ハイジ はみがきのうた はみがきおきがえうたってできちゃう! 』(ポプラ社)などがある。

「せーんべせんべ 五戸のおんこちゃん」の価格は1,300円(税別)。

同書を手に取って、南部せんべいと五戸町の魅力に触れてみては。
カテゴリ