いい年になりますように…!インテリアにしっとりと馴染むモダンな縁起物「赤べこ」アイテムを厳選してご紹介


季節感のあるお部屋は魅力的ですよね。丑年の今年は、牛にまつわる縁起物を取り入れてみてはいかが?



最近は、従来の常識を覆すような、思わず欲しくなってしまうおしゃれなアイテムが登場しているんです。



そこで今回は、インテリア雑貨として注目すべき、レトロなのにイマっぽい「赤べこ」アイテムをご紹介します。



そもそも赤べことは?



 





@nazo_no_heya / Instagram



福島県・会津地方で作られる郷土玩具「赤べこ」は、魔除けや疫病除けの縁起物として親しまれてきました。



「べこ」は東北地方の方言で、牛のこと。赤く、光沢感のあるものがスタンダードです。



頭を触ると、首元がゆらゆらと揺れるように作られており、その愛らしさから人気を集めているんだとか。



シンプルでスタイリッシュ「モノクロベコ」





@duke.km / Instagram



フクモリと民芸品工房・野沢民芸のコラボアイテム「RIDDLE DESIGN BANK/モノクロベコ」は、ワンカラーのみで仕上げられており、クールでスタイリッシュな印象です。



サイズは、M(税込2,585円)、L(税込2,970円)の2サイズから選択可能。



従来の郷土玩具や伝統工芸品のイメージに縛られない、シンプルで洗練されたデザインが斬新ですよね。





ナチュラルで温かみのある「バニべこ」





@kururuun / Instagram



こちらは、福島県郡山市にあるインテリアショップvanilla(バニラ)×野沢民芸のオリジナルアイテム「バニべこ」。



バニラのように、甘く、温かみのあるエクリュカラーが特徴です。



赤べこ本来の素朴なかわいらしさを残しつつも、どんなインテリアにも馴染む絶妙なイマっぽさが魅力的ですよね。





サイズは、1号(税込2,585円)、2号(税込2,860円)、3号(税込3,190円)の3種類。



小さいものほど首の動きが早く、大きいものほどゆったりとした動きになるんだそう。



2サイズゲットして、親子のように並べて飾るのもおすすめですよ。





見れば見るほど愛着が湧く…





@_knaa_ / Instagram



今回は、おしゃれなインテリア雑貨として注目の「赤べこ」アイテムを厳選してご紹介しました。



伝統的でありながらもイマっぽい。インテリアに取り入れることで、程よい抜け感がでそうなアイテムですよね。



新年の願掛けの意味も含めて、ゲットしてみてはいかが?



カテゴリ