頑張りすぎないのがおしゃれ顔のヒケツ。今年こそは垢抜けたいあなたに「引き算メイク」のポイントを教えます


全パーツに力を入れた「盛れる」メイクもかわいいけれど、なんだかイマっぽくはない気がする…。



最近はそんなお悩みを抱える方が、増えているのではないでしょうか?



なりたいのは、サロモのような“ラフでヘルシーなおしゃれ顔”。



そんな方に向けて、作りこみすぎていないのにかわいく見える「引き算メイク」のポイントをご紹介します。



「引き算メイク」とは?





@mayuka_ide / Instagram



「引き算メイク」というワードは、度々耳にしますよね。



引き算メイクとは、強調したいパーツ以外の部分を普段より控えめに仕上げることで、メイク全体のバランスをとる手法のこと。



抜け感のある引き算メイクは、きっちり仕上げるところと、ラフに見せるところの差を持たせるのが重要です。



まずは、ポイントとなる部分を決めて、それ以外の要素をできるだけナチュラルに整えていくイメージでメイクしていきましょう。



ナチュラルな仕上がりがマスト / ファンデーション





@miduki_2002 / Instagram



肌の欠点を全て隠してしまうような厚塗り感のあるベースメイクでは、抜け感は演出できません。



RMK(アールエムケー)の「リクイドファンデーション(税込4,950円)」は、健康的なツヤが手にはいると話題のアイテム。



ナチュラルなのに程よくカバー力もあり、まるで素肌がきれいになったかのような自然な仕上がりなんです。



軽いのにしっとりとした着け心地で、1年中使えるのも嬉しいポイントですよね。





じわっと血色感 / クリームチーク





@218_mmmm / Instagram



内側から滲んだようにナチュラルな血色感を演出するには、肌にピタッと密着する、クリームタイプのチークがおすすめ。



OSAJI(オサジ)の「ニュアンスフェイスカラー(税込2,750円)」は、頬だけでなく、目元や唇にも使用できる、マルチユースコスメなんです。



これ1つで簡単にワントーンメイクができるので、持っておいて損はないアイテムですよ。





ナチュラルなツヤ / ハイライトバーム





@plage__.o0 / Instagram



人工的でギラギラとしたツヤは、引き算メイクには不向き。あくまでも、ナチュラルで自然なツヤ感を意識しましょう。



hince(ヒンス)の「トゥルーディメンションラディアンスバーム(税込3,300円)」は、濡れたような発光感が得られるアイテム。



スティック状なので、テクニックいらずで使いやすいところも、ハイライトバームの特徴です。





おしゃれ顔の必需品 / カラーマスカラ





@garland_haruna / Instagram



黒のマスカラは、まつげの主張が強くなってしまい、重たい印象を与えてしまうことも…。



トレンド感のあるメイクをするには、カラーマスカラの使用がおすすめです。



ピンク系なら、血色感がでて色っぽい印象に。寒色系なら、ぱきっとクールで知的な印象になりますよ。



メイクのメインカラーやパーソナルカラーなどを参考に、自分に合ったカラーを探してみて。



迷ったらベージュマスカラ





@ayan_grm / Instagram



色に迷ったとき、まず試してほしいのはベージュ。



まつげに塗るだけで、ふわっと柔らかい雰囲気のおしゃれ顔になれちゃうんです。



根元からたっぷり塗ると目の印象が薄くなりすぎてしまうため、根本部分を外して、中間部から毛先にかけて色を乗せるのがおすすめですよ。



毛流れ重視の眉メイク / 眉マスカラ





@yan__mm / Instagram



眉毛は、顔の印象を大きく左右する需要なパーツですよね。



ナチュラルなのにきちんと整えられた毛流れが、イマっぽい眉メイクへの近道なんです。



LAKA(ラカ)の「ワイルドブロウシェイパー(税込1540円)」は、毛流れを整え、キープしてくれる優れもの。



無色の液なので、眉毛の主張が強くなりすぎず、自然な立体感を演出できるのが嬉しいですよね。





自分に似合うメイク、見つけた!





@ichiyo9281 / Instagram



今回は、作りこみすぎていないのにかわいく見える「引き算メイク」のポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?



素のパーツを生かしたメイクなので、練習していくうちに、自分のチャームポイントを認めることになり、自己肯定感の向上にもつながるはず。



今年こそは、「盛れるメイク」から「おしゃれに見える引き算メイク」にチャレンジしてみてくださいね。



カテゴリ