大泉洋、仲良しの宮根誠司と爆笑トーク「“小ばか”にした態度が終始ブレないのが素晴らしい」

大泉洋、仲良しの宮根誠司と爆笑トーク「“小ばか”にした態度が終始ブレないのが素晴らしい」

 俳優の大泉洋が、4日放送の読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋 新春!初笑いスペシャル ~大泉洋 2021年どうでしょう!~』(後1:55~2:55)に出演。プライベートでも一緒に食事へ行ったり、大泉が舞台に招待するなど仲のいい宮根誠司と爆笑トークを繰り広げる。



【写真】爆笑トークを繰り広げた大泉洋&宮根誠司



 二人のトークはオープニングから全開で、大泉の人生を宮根がひも解いていく。北海道でのどん底時代、演劇との出会い、TEAM NACSとの歩み、東京進出……。現在の活躍に至るまでを大泉が赤裸々に語る。



 ミニコーナー「ご当地有名人どうでしょう」では、全国区へ羽ばたいた宮根と大泉に憧れる、地方で奮闘中のご当地有名人が続々登場し、個性的な芸を披露。二人はどんなリアクションを見せるのか。さらに、大泉がどうしても会いたかったという話題の霊視芸人・シークエンスはやともも登場。大泉には、宮根も抱腹絶倒のまさかの“霊”が憑いていた……。



 収録を終えた大泉は「宮根さんが、微妙なサジ加減で僕を“小ばか”にした態度が終始ブレないのが素晴らしいなと思いつつ、でも、不思議とついつい笑ってしまい、ずっと宮根さんのペースでお話させてもらいました」と大満足。



 1時間番組で2時間近くの収録ということで「『自分のこと、いっぱいしゃべれるんだろうな』と思っていたら、半分ぐらいで僕自身のコーナーが終わって、ご当地芸人さんが出てきたあたりから『あれっ?こうなっていくの!?』と(笑)。ご当地芸人の皆さまもほんとに素晴らしくて、頑張っていただきたいんですけれども、今日に関して言いますと、もっと僕がしゃべりたかったなと(笑)」と振り返った。



 なお、『ミヤネ屋』レギュラー放送は6日から。
カテゴリ