氷彫刻師が技術と芸術性を競い合う!「国宝松本城氷彫フェスティバル」開催

氷彫刻師が技術と芸術性を競い合う!「国宝松本城氷彫フェスティバル」開催


長野県松本市にて、今年で35回目を迎える冬の恒例イベント「国宝松本城氷彫フェスティバル2021」が2021年1月20日(水)~24日(日)の期間に開催される。

国宝松本城と芸術的な氷像を一堂に鑑賞


「国宝松本城氷彫フェスティバル2021」は、「北アルプスの美しい山並み」と「国宝松本城」の景観に見事にマッチした芸術的な氷像の数々を一堂に鑑賞できる希少なイベント。

毎年大勢の来場者で賑わうが、今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、新たに中心市街地にも作品展示会場を分散。作品鑑賞をしながら、松本城下町周遊も楽しめる企画となっている。

氷彫刻師24名集結する圧巻のパフォーマンス


1月23日(土)〜24日(日)にかけて開催されるメインイベントの「全国氷彫 コンクール・チャンピオンシップ」では、全国からトップレベルの氷彫刻師が12チーム総勢24名集い、その技術と芸術性を競い合う。


氷像制作は、夕方から氷彫刻師が一斉にチェーンソーを鳴り響かせながら氷を削り出すところから始まり、


夜通しの制作を経て翌日早朝に完成。


雄大な北アルプスを背景に朝陽に照らされた氷像はまるで宝石のようで、夜明け前はライトアップされて幻想的で美しい輝きを放つ。

朝晩で異なる輝きを見せる表情の変化はもちろん、漆黒の国宝松本城との美しい対比も必見。氷彫刻師による圧巻のパフォーマンス、大胆かつ繊細で巧みな技を間近で鑑賞できるのも、同イベントの醍醐味のひとつだ。

このほか、氷彫刻作品は1月20日(水)〜23日(土)に制作され、完成翌日の15時まで特別展示される。

また花時計公園ではプレイベントとして「全国氷彫コンクール」を実施。制作が22日(金)、展示が24日(日)に行われる。

氷の滑り台やステージイベントなども登場



メイン会場の松本城公園では、展示以外にも、子どもに大人気の「氷のジャンボ滑り台」や松本グルメを堪能できる「キッチンカー広場」などが登場。


1月23日(土)〜24日(日)は、太鼓の演奏やダンス、お笑いライブなど地元団体によるステージイベントが楽しめる。また松本中心エリアでは、市街地飲食ラリー「城町バル」や「松本カリーラリー」が同時開催される。

同イベントは、国の方針を踏まえながら感染予防対策を講じて開催される。感染・気候状況によってはイベントの内容が変更・中止になる場合がある。

※開催状況が記事の掲載時と異なる場合があります。おでかけの際はHPなどで最新情報のご確認をお願いします。
カテゴリ