乃木坂46、初の“バーチャルライブ” 『荒野行動』コラボで多数の特別演出

乃木坂46、初の“バーチャルライブ” 『荒野行動』コラボで多数の特別演出

 人気アイドルグループ・乃木坂46が2日、オンラインゲーム『荒野行動』のコラボイベントとして、バーチャルライブ「乃木坂46 LIVE IN 荒野」を開催した。



【写真】横一列に並べると夜が明けていく… 新曲「僕は僕を好きになる」ジャケ写5種



 当日はライブ直前イベントとして「乃木坂46 LIVE直前!!飛鳥と与田のQUEEN BATTLE!!」からスタート。豪華景品が当たる抽選会や「乃木坂46 LIVE IN 荒野」の紹介パートなど、盛りだくさんの内容となっていたが、最も盛り上がりを見せたのは、メイン企画のゲーム対戦パート。1回戦は練習試合として、齋藤飛鳥、与田祐希が、それぞれ5人1組のチームとなって戦う「クイーンガーディアンバトル」、第2回戦は本戦として、齋藤チーム対与田チームの「50V50最後のクイーンバトル」を開催。それぞれ同チーム内の実力者プレイヤーたちが、逃げ惑う初心者プレイヤーの齋藤、与田への敵チームからの攻撃を身を挺して守りながら戦う展開に、大いに盛り上がりを見せた。



 結果としては、それぞれ実力者プレイヤーの活躍により、「クイーンガーディアンバトル」は齋藤チームが、「50V50最後のクイーンバトル」は与田チームが勝利。初心者として思うようなプレイが出来なかった齋藤は、イベント内の質問コーナーで「2021年に一番やりたい事は何ですか?」という質問に対し、「荒野行動を極める!」と悔しさを露わにし、強い決意を語った。



 午後9時からライブがスタート。「荒野行動」テレビCMにも出演している齋藤、与田、松村沙友理、山下美月、賀喜遥香のCA衣装でのMC、OVERTUREと共に流れるOP映像を皮切りに始まった1曲目は「インフルエンサー」。本楽曲のダンスは乃木坂46史上最高難易度とも言われているが、空からパラシュートでステージに舞い降りた3DCGのメンバー5名の正確かつ忠実なダンスと、その背景に流れる巨大モニターでの乃木坂46メンバーによるパフォーマンスがリンクしたパフォーマンスとなった。



 2曲目は、楽曲の雰囲気に合った爽やかなカラーのステージ演出と、振付のかわいらしさまでも忠実に再現する3DCGのメンバーのダンスに、見ているユーザーの気持ちを大いに盛り上げた「裸足でSummer」。ゲーム内ライブならではの感想を話したメンバー全員のMCを挟み、3曲目は今回のコラボのために作られた新曲の荒野行動コラボソング「Wilderness world」。ここから衣装も荒野行動とのコラボ衣装に、モニター内に映る乃木坂46メンバー、3DCGメンバーともに変化。乃木坂46としての初ライブパフォーマンスや、レーザーを使った最新鋭のステージ演出、3DCGメンバーが車に乗り込み、ステージ後方から花火を打ち上げる特別演出など、見どころ満載の内容に盛り上がりを見せた。



 勢いのまま突入した4曲目は「制服のマネキン」。楽曲のサビ部分では、アバターが高く飛び上がれるようになったり、メンバーと同じダンスを忠実に再現できるアクション機能があったりと、各自が自由に楽しめる仕様となっていた。そしてラストナンバーは「Sing Out!」。この楽曲には音楽ゲームモードが兼ね備えられており、プレイすると自分のアバターがメンバーと同じ衣装の女性アバターとなり、うまくリズムに合わせてタップをする事で、「Sing Out!」のダンスを忠実に再現できる事に。大人数の女性アバターが観客エリアでも「Sing Out!」を踊るというゲーム上でしか見られない一体感のある光景となった。
カテゴリ