「帰れま10」8年ぶりのサンド、アンジャッシュ児嶋、アンタッチャブルが参戦

「帰れま10」8年ぶりのサンド、アンジャッシュ児嶋、アンタッチャブルが参戦

 テレビ朝日系で4日に放送される『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル』(後6:45~9 :48※一部地域は後7:00~)は、タカアンドトシの人気“満腹”企画「帰れま10」とサンドウィッチマンの大好評“過酷”ロケ「秘境路線バスの旅 バスサンド」の2本立て。



【画像】この4人で「秘境路線バスの旅 バスサンド」



 一度も間違えることなく飲食店の人気メニューベスト10を当てたら100万円がもらえるパーフェクト達成を目指して、タカアンドトシとゲスト陣が奮闘する大人気企画「帰れま10」。今回のスペシャルには、意外にも8年ぶりの参戦となるサンドウィッチマンが登場。舞台は、現在テイクアウトも好評、オリジナルメニューが豊富な中華ファミリーレストラン。



 「全然呼んでくれなかったからうれしい」と張り切る伊達みきおだが、実は過去の正解率が22%、富澤も25%と2人そろって衝撃の低さを記録、さらにパーフェクト達成を阻むクラッシャーでもあるという事実を目の当たりにしてあ然…。富澤も「この成績なら俺がスタッフでも絶対呼ばない(笑)!」と思わず苦笑する。



 タカトシに「帰れま10下手くそ芸人か!」とツッコまれながら慎重に予想を始めるが…。「これが不正解だったら芸人辞めますよ!」と芸人生命を懸けて超王道メニューに挑む伊達と、プレッシャーのあまり人の意見にほんろう、迷走ぎみの富澤の運命は!?



 富澤が毎年審査員を務める『M-1グランプリ』の裏話も披露も見どころ。さらに再生回数130万回超えと、現在バズりにバズッているという伊達の“食べるだけ動画”を実際に富澤が撮影してみるひと幕も…。パーフェクトを狙うドキドキの予想合戦と合わせて、タカトシ&サンドが爆笑トークを繰り広げる。



 バトルの途中にはサンドウィッチマンと関わりが深い実力派芸人たちが続々登場。「いろいろ大変なんだよ!」と言いながら現れた児嶋一哉(アンジャッシュ)は、「2021年は大事な年だから、絶対にハズすわけにはいかない!」と、意気込むが…。そして、2020年に完全復活を果たしたアンタッチャブルも。柴田英嗣は「帰れま10」初参戦、コンビでの参戦も初とあって、山崎弘也は思わず「なんだか職場に女房を連れて来たみたいな気分(笑)」と苦笑。



 タカトシが「2人そろって一緒に仕事するのなんて本当に久しぶり!」と大喜びする中、アンタッチャブルとサンドウィッチマンの知られざる強い絆も明らかに。サンドが優勝した2007年の『M-1グランプリ』や、アンタッチャブルの復活劇の裏側で行われていたやり取りを暴露する。



 また、サンドウィッチマンと番組で共演していた菅井友香(櫻坂46)も途中参戦。2020年にグループ名が欅坂46から櫻坂46に変わるという大きな変化を経験した菅井が、女性目線で人気メニューを予想する。



 ほか、ゲッターズ飯田の一番弟子として知られるぷりでぃあす玲奈が、メンバーの運勢を占う新年の幕開けにふさわしい企画も見どころ。2021年、一番運勢の良い人と悪い人を発表する。
カテゴリ