それでは効果ナシ…残念ながら男性に「響かないアピール」

それでは効果ナシ…残念ながら男性に「響かないアピール」

気になっている男性がいるのであれば、やっぱりそれなりにアピールはしたほうがいいでしょう。


でも、間違ったアピールの仕方をすると、逆効果になってしまうこともあるかもしれません。


そこで今回は、残念ながら男性に「響かないアピール」を紹介します。



ほかの女性を「悪く言う」


「『あの子って、男遊び激しいですよ』とか、ほかの女の子の悪口を言ってくる女性にはドン引きする。


絶対に彼女にはしたくないタイプの女性ですね」(31歳/男性/不動産)


同じ男性を狙っているライバルの女性がいたら、どうしても邪魔に感じてしまうものでしょう。


だからといって、その女性のことを悪く言って、「自分のほうがいいよ」とアピールをするのはさすがにNG。


悪口を言う時点であなたのイメージが悪くなりますし、それをアピールにつなげても男性には引かれるだけなので、ほかの女性を蹴落とすようなやり方はいい効果を生みませんよ。


「質問攻撃」をしまくる


「興味を持ってくれるのはうれしいけど、質問攻めにされると、さすがにうんざりしちゃいます。


話すこと自体が嫌になってきてしまうかも」(28歳/男性/WEBディレクター)


質問をするというのは、興味や関心を示す行為なので、気になる男性との距離を縮める方法ではあるでしょう。


ただ、しつこく質問攻撃をしてしまうと、一気にうっとうしさや重さが出てしまい、男性に嫌がられてしまうはず。


LINEでも、話を続けるために「?」で返信をしたほうがいいなどとよく言われますが、やりすぎると逆効果にしかならないので、無理に質問をしまくるのはやめるべきですよ。


「一方的」に思いをぶつける


「一方的」に思いをぶつける


「好きアピールが激しすぎると、なんか怖くて逃げたくなります。


ちょっと重そうな感じもするから、下手に深入りしたくなくなりますね」(26歳/男性/エンジニア)


アピールをしなければ思いに気づいてもらえないですが、ガンガンとアピールをしすぎると引かれてしまうもの。


一方的に思いをぶつけられたら、よほどの好みの女性でもない限り、男性はなかなか警戒心だって解けないでしょう。


また、相手の状況を考えずに、自分の気持ちだけで突っ走るのも、ただの迷惑行為にしかならないので、いずれにしても冷静な部分もしっかりと持つことが大事ですよ。


「遠まわし」すぎる


「ずっと好きだと思っていたと数年後に言われたことがあったけど、まったく気づかなかった。


できれば、もう少しわかりやすくアピールしてほしかった」(30歳/男性/美容師)


男性に響かないアピールになってしまう、もっとも大きな要因が遠まわしすぎるということ。


あなたはアピールをしているつもりでも、男性にはまったくそんな感じには見えていないというパターンです。


緊張や恥ずかしさから、控えめなアピールになってしまいやすいかもしれませんが、せめて好意を持っていることだけは伝えるようにしないと、なかなか男性の心を揺さぶれませんよ。


おわりに


「アピール」というと、自分の思いばかりを先行させてしまう人が多いです。


でも、相手がどう感じるのかを第一に考えることが、好印象を与える結果につながるので、まずはそこに十分に注意を払ってくださいね。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ