瀬戸利樹、中村里帆への“ガサツ”発言を弁解「仲良くなったからこそ言えること」

瀬戸利樹、中村里帆への“ガサツ”発言を弁解「仲良くなったからこそ言えること」

 女優の中村里帆と俳優の瀬戸利樹が7日、動画配信サービスFODと中国の動画共有サイトYOUKUの共同制作ドラマ『シンデレラはオンライン中!』リモート会見に参加した。



【場面カット】中村里帆をバックハグする瀬戸利樹



 撮影中の思い出を聞かれ、中村は「撮影の終盤に瀬戸さんから“ガサツ”と“ズボラ”の違いを説明されて『中村さんはガサツだよね』って言われました」と暴露。瀬戸は「え!? いや、僕の中でガサツは誉め言葉なんです。ズボラは良くないですけど、ガサツは良いと思うんです、わかりますかね? ガサツは人に迷惑かけないで、リラックスできる人のことで、ズボラは人に汚くしてるなってわかる人。仲良くなったからこそ言えることなんです!」と弁解した。



 今作は、中国で大人気を博した小説『微々一笑很傾城』を元に中国でドラマ化され、人気を博した作品を日本でリメイク。恋を知らない平凡な女子大生・有沢一花(中村)と、超エリート男子の王子様・小野田朝陽(瀬戸)がオンラインゲームで出会い、現実と仮想世界の間で揺れ動く珠玉のラブストーリーを描く。



 ともにドラマ初主演となる2人。中村は「恋愛ドラマオタクで、ラブコメの真ん中に立つのが夢だったので、その夢がかなってうれしいです」、瀬戸は「率直に嬉しかったですね。とにかく良い作品になるように全力で頑張りました」と達成感。オンラインゲームが大きなテーマということで、ゲーム内でのアバターとしてコスプレさながらのは大胆な衣装も披露。中村は「中国版の女性キャラも赤い衣装を着ていたのでそれに合わせていて、結構おなかも見えているので、撮影中は引っ込ますのが大変でした」と苦労を振り返った。



 だが、その一方で瀬戸が「中村さんがすごくチョコを食べていて、こんなに細いのにずっと食べていて、衣装もおなか出すのにすごいなと思いました」と驚くと、中村は「その時はチョコにはまっていて、コンビニで買って撮影に行くという。一日3袋ぐらい食べてました」とすっかり夢中になっていたことを明かした。



 また、ゲームシーンはグリーンバックでの撮影され、瀬戸は「想像しながら演じるのが大変でした」としつつも、中村は「瀬戸さんは覚えるのがすごく早くて、ペアでアクションすることが多かったんですけど、置いて行かれないようにするのが大変でした」と感嘆の声を漏らす。瀬戸が「中村さんのアクションは最高でした。剣は男の人が持っても結構重かったので、それを両手で持ってしっかり振りぬいてすごかったです」と絶賛すれば、中村は「撮影が終わった後、腕に筋肉がつきました」と胸を張り、互いに称賛し合った。

 

 瀬戸は「キスシーンとか出てくるんですけど、そこはプロデューサーの方々にご指導いただいて、僕のキャパ以上のものは出せてるなと思ってます」と自信。「やっとみなさんにお届けできることを嬉しく思っています。中国版はすごく人気で日本版のオリジナリティも出せていると思いますので、そこを楽しみに見ていただけたらと思います。配信・放送を楽しみにしていてください」と呼びかけていた。

 

 12日正午から日中同時配信スタート。フジテレビ地上波でも12日の深夜25時40分より放送開始する。
カテゴリ